まん延防止等重点措置区域の指定について(令和4年1月21日から2月13日まで)

更新日:2022年1月20日

まん延防止等重点措置区域の指定(埼玉県全域)

  • 政府対策本部は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第31条の4第3項に基づき、埼玉県を「まん延防止等重点措置」を実施すべき地域とする旨の公示及び新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を変更することを決定しました。
  • これを受け、埼玉県は、県内における「まん延防止等重点措置」等について、以下のとおり要請しています。

      ●まん延防止等重点措置の対象地域・・・埼玉県全域(令和4年1月19日(水曜)に指定)
      ●実施期間・・・令和4年1月21日(金曜)から2月13日(日曜)まで

まん延防止等重点措置等の内容(県民への要請)

特措法第31条の6第2項に基づく要請

  • 営業時間の短縮を要請した時間以降、飲食店を利用しないこと。

特措法第24条第9項に基づく要請

県境をまたぐ移動

  • 不要不急の県境をまたぐ移動を、極力控えること。(医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、通学、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要な場合を除く。)※県境をまたぐ移動については、ワクチン・検査パッケージ制度を適用しない。

外出・移動

  • 外出・移動をする場合は、基本的な感染防止対策(「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」等)に加え、特に「三つの密」を回避するとともに、目的地以外に立ち寄らないようにすること。
  • 混雑している場所や時間を避けて行動すること
  • 路上・公園等における集団での飲酒など感染リスクが高い行動の自粛

飲食店等の利用

  • 感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮の要請に応じていない飲食店の利用自粛(飲食等については、お客様の命を守る取組に参加する「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」の認証を受ける店舗(以下「認証店」という。)の利用を推奨)
  • ワクチン・検査パッケージ制度の適用を受ける認証店を除き、同一グループ、同一テーブルで5人以上の会食を控えること。

感染に不安を感じる場合

  • 感染に不安を感じる無症状者については、ワクチン接種済者を含めて検査を受けること。

その他のお願い

  • 同居家族以外とのホームパーティを控えること。
  • 買い物は、できる限り一人で行くこと。

◎その他の事業者の要請等は埼玉県ホームページでご確認いただけます。

所沢市が関係するイベント等の開催及び公共施設の開館等についての考え方

所沢市は、埼玉県のまん延防止等重点措置期間において、「所沢市が関係するイベント等の開催」及び「公共施設の開館等」については、次のとおり対応することとします。

イベント等の開催

徹底した感染防止対策を講じることを条件に開催する。

公共施設の開館等

徹底した感染防止対策を講じることを条件に開館する。

【参考】埼玉県主催イベント等及び県有施設の取り扱い(第75回新型コロナウイルス対策本部会資料抜粋)

  • 県主催イベントについては、徹底した感染防止対策を講じることを条件に開催する。
  • 屋内県有施設については、令第11条第1項に規定する施設と同様の要請を遵守し、次に掲げる徹底した感染防止対策を講じ、主催者等に遵守させることを条件として開館する。

感染防止対策
◇以下の行為を伴う利用は禁止する。

  • カラオケ、コーラス等大声での発声など感染リスクの高まる行為(文化団体等の定めるガイドラインに則った行為を除く。)
  • 身体的な接触を伴う行為(競技団体等の定めるガイドラインに則った行為を除く。)
  • その他、県が定める措置を逸脱する等の行為

◇以下の感染防止対策を徹底する。

  • マスク着用、手指消毒、検温など来場者の感染対策
  • 諸設備の消毒、施設スタッフの体調管理の徹底
  • 三密を回避するための入場制限、来場者導線や社会的距離を確保する等の感染対策
  • 接触確認アプリ(COCOA、埼玉県LINEコロナお知らせシステム)の導入
  • その他、シャワーの使用方法など個々の感染防止対策については、業種別ガイドラインや施設ごとに定めた「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」を遵守させること。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健医療課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9385
FAX:04-2998-9061

a9385@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで