このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

妊産婦の皆さんへ(情報提供)

更新日:2020年6月2日

新型コロナウイルス感染症対策~妊婦の方々へ~

厚生労働省からのお知らせ

一般的に、妊婦の方が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。
人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃の健康管理を徹底してください。
(1)密閉空間、(2)密集場所、(3)密接場面という3つの「密」が同時に重なるような場所を避けてください。

妊婦の方については、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合でも、念のため、重症化しやすい方と同様に、まずは早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。
詳しくは、厚生労働省のリーフレットをご覧ください。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~(PDF:229KB)

埼玉県からのお知らせ

このたび、埼玉県産婦人科医会が新型コロナウイルスに不安を感じる妊産婦さんを対象とした無料オンライン相談窓口を開設しました。アプリから24時間予約が可能です。

詳しくは、埼玉県産婦人科医会ホームページまたは、埼玉県ホームページをご確認ください。
新型コロナウイルスに対する妊産婦のこころのケア・無料オンライン相談窓口(PDF:406KB)

妊娠中の方へのマスクの配布について

このたび、新型コロナウイルス感染症の感染の不安を抱えやすい妊娠中の方へ、所沢市独自の取り組みとして、不織布マスクを10枚配布いたします。

また、厚生労働省から「妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策」の一環として、送付された布製マスクについても月2枚配布しますので、感染予防にお役立てください。

※厚生労働省からの通知に基づき、配布を一時中断していましたが、配布を再開します。

対象者

所沢市に住民票のある妊婦の方

配布方法

既に母子健康手帳の交付を受けている方

令和2年6月上旬から順次発送します。
※出産予定日が近い方から順次発送します。定期的に発送できない場合がありますことをご理解ください。

これから母子健康手帳の交付を受ける方

子育て世代包括支援センターかるがも(保健センター内)で、新たに妊娠届出を提出する方は、母子健康手帳交付時にお渡しします。
市役所保健医療課、市内まちづくりセンター(並木まちづくりセンターを除く)で妊娠届出を提出する方には、後日郵送します。子育て世代包括支援センターかるがも以外の各窓口では、準備が整い次第、母子手帳交付時にお渡しする予定です。

配布枚数

不織布マスク:妊婦の方1人につき、10枚(1回限り)
布製マスク:妊婦の方1人につき、原則月2枚
※今後、布製マスクの受け取りを希望しない場合は、保健センター健康づくり支援課までご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について

働く妊婦の方は、職場の作業内容等によって、新型コロナウイルス感染症への感染について不安やストレスを抱える場合があります。

こうした方の母性健康管理を適切に図ることができるよう、男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理上の措置として、新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規定されました。

新型コロナウイルス感染症に関する措置について

・妊娠中の女性労働者が、保健指導・健康診査を受けた結果、その作業等における新型コロナウイルス感染症への感染のおそれに関する心理的なストレスが母体又は胎児の健康保持に影響があるとして、主治医や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出た場合、事業主は、この指導に基づいて、必要な措置を講じなければなりません。

・本措置の対象期間は、令和2年5月7日から令和3年1月31日です。

※新型インフルエンザ等対策特別措置法において新型コロナウイルス感染症を適用対象とする暫定措置の期限を踏まえて設定

・主治医等から指導があった場合、指導事項を的確に伝えるために「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらい、事業主に提出しましょう。


詳しくは以下のリーフレットをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(PDF:364KB)

葉酸について

お腹の中の赤ちゃんの発育に大きくかかわる栄養素です。妊娠前から妊娠初期に葉酸をきちんと摂取することで、神経管閉鎖障害(※)の発生を減らすことが知られています。
また、貧血予防にも効果がありますので、適量を継続的に取るようにしましょう。
※赤ちゃんの脳や脊髄のもととなる神経管がうまく形成されないことによっておこる障害です。葉酸不足だけでなく、様々な要因が複合して発症します。

葉酸を多く含む食材

納豆・ほうれん草・ブロッコリー

葉酸米について

令和2年1月以降に子育て世代包括支援センターかるがも(保健センター内)で妊娠の届出をして、「かるがもプラン」を作成した方に、葉酸米(50g)をお渡しします。
その他にも葉酸が添加された食品やサプリメントなども市販されています。
つわりなどで、たくさんの食材を食べることができないときなど、上手に利用してみましょう。

さい帯血に関する情報

へその緒をさい帯といい、さい帯と胎盤の中に含まれる血液をさい帯血といいます。さい帯血には、血液のもとになる細胞が多く含まれるため、血液の病気などの治療に役立ちます。
さい帯血を移植することによって、病気の方の血液をつくる力を回復させることができます。

公的さい帯血バンク

移植に使用するさい帯血は、出産のときに公的さい帯血バンクを通じて、お母さんたちから無償で提供していただきます。公的さい帯血バンクは、検査や保存を行うために、国から許可を受けている機関です。

さい帯血の寄付

公的さい帯血バンクと提携している産科医療機関でのみ提供することができます。
出産予定の産科医療機関で、寄付ができるかは、以下のHPからご確認ください。
http://www.bmdc.jrc.or.jp/generalpublic/saitai.html#an5

さい帯血の自己保存

将来、お母さんやお子さんの病気の治療のために利用する場合に備えて、保管費用を支払うことにより、さい帯血を保存することができます。
保存するためには、さい帯血プライベートバンク(民間さい帯血バンク)と、ご自身で契約を結ぶ必要があります。

利用する際には・・・

さい帯血プライベートバンクは、公的さい帯血バンクと異なり、国の許可を得た事業者ではありません。
さい帯血の安全性や、契約終了時に保存しているさい帯血の取り扱いなどを含め、ご契約内容をきちんとご確認した上で、慎重にお考え下さい。
なお、公的さい帯血バンクには10,000本以上のさい帯血が保管されていおり、90%以上の方が適合するさい帯血を見つけることができると言われています。

関連リンク

厚生労働省「赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(臍帯血関連情報)」)
パンフレット「赤ちゃんを出産予定のお母さんへ」

災害に備えて

災害発生時に、妊娠中であったり乳幼児と一緒に行動することは、負担が大きくなることがあります。
日ごろから、ご家族で災害について話し合い、準備をしておきましょう。

避難場所・経路は必ず確認

お住まいの地域の避難場所を確認し、いざという時にはどの道を通って向かうのか確認しておきましょう。
所沢市では、自治会や町内会などを中心とした総合防災訓練を実施していますので、積極的にご参加ください。
避難場所についてはこちらをご確認ください。
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/moshimo/bosai/sonaeru/saigaihonbu_hinanbasyo/index.html
また、家の中の危険を減らすために、家具の固定などの対策も大切です。

ママと赤ちゃんのための防災グッズ

子育て世代包括支援センターかるがも(保健センター内)では、防災グッズ見本を展示しています。
妊娠の届出や乳幼児健康診査などの際に、お立ち寄りいただき、参考にしながら各家庭に合わせて、いざという時に備えましょう。

関連リンク

埼玉県「危機管理・防災・防犯等 彩の国の安心・安全」
埼玉県「防災マニュアルブック」

妊娠中毒症等療養援護費の支給について

埼玉県では、妊娠中毒症等にり患した妊産婦の方が、必要な医療を受けるために入院した場合、その療養に要する費用の一部を支給しています。

対象者

以下の項目の全てに該当する方

  1. 妊娠中毒症等の対象疾病にり患している妊産婦の方
  2. 埼玉県内(さいたま市・川越市・越谷市は除きます。)に住所を有している方
  3. 母胎又は胎児の保護のため医療機関に入院して、必要な医療を受けた方
  4. 入院が7日以上であった方
  5. 前年の所得税課税額の年額が30,000円以下の世帯に属する方

対象疾病

以下のいずれかの疾病

  • 妊娠中毒症
  • 糖尿病
  • 貧血
  • 産科出血
  • 心疾患

手続

退院後60日以内に申請が必要です。お早めに、狭山保健所にご相談ください。

申請・お問い合わせ先

狭山保健所
〒350-1324
狭山市稲荷山二丁目16番地の1
電話:04-2954-6212

詳しくは、埼玉県のホームページをご確認ください。
妊娠中毒症等療養援護費の支給について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康づくり支援課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1813
FAX:04-2995-1178

b9911813@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る