このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

節薬バッグ事業を実施しました!

更新日:2018年6月5日

節薬バッグ事業とは?

 この事業は、医師・薬剤師が連携し、服用中のお薬(医療機関の処方薬)について確認させていただき、うっかり手元に処方薬があまってしまうといった情況(残薬の発生等)を防止する取組みで、平成29年度及び30年度の2か年にわたり適正服薬の啓発並びに残薬の実態調査を実施しました。参加者の方には、適正服薬の習慣が身に付き健康増進につながる契機となり、手元にあまった処方薬がうまく調整された場合には、薬剤費に係る自己負担が減りました。
 所沢市では、市民一人ひとりが健康を実感しながら地域で安心して生き生きとした生活を送ることのできる「健幸(けんこう)長寿のマチ所沢」を目指し、平成29年4月24日に所沢市医師会・所沢市薬剤師会・明治薬科大学・所沢市の四者による「市民の健康増進に関する包括的協定」を締結しましたが、本事業はこの協定に基づき実施したものです。各団体の理事をはじめ、現場の医師、薬剤師、大学の先生方、また、事業に参加された市民の方のご協力により貴重な情報が得られました。
 ご協力いただきました皆様、どうもありがとうございました。

事業の対象者は?

 平成29年度事業では、所沢市国民健康保険被保険者を対象とし、残薬が発生していると推定される方へ、直接ハガキを送付することで参加勧奨をしました。平成30年度事業では、所沢市国民健康被保険者で40歳以上の方又は所沢市在住の後期高齢者医療被保険者の方を対象とし、医師・薬剤師において残薬が疑われる方へ声掛けを行ってもらい、事業への参加を促しました。
 両年度とも、広報紙等により広く被保険者へ事業についてPRを行い、参加勧奨をしました。

参加方法は?

(1) 通院・通局にあわせて、事業の協力薬局(※)へ行く。
 ※所沢市薬剤師会に所属する薬局が対象。対象薬局にはロゴマークが店頭に掲示されている。
(2) 薬剤師から事業について説明を受け、同意書に記入して参加する。
(3) 薬剤師からお薬のお悩みや服用中のお薬などについて確認される。
(4) 確認の結果、飲み残し薬などがあれば、医師と薬剤師が連携して調整する。
(5) 残薬が調整されれば薬剤費の負担が減り、適正な服薬による健康増進につながるとともに、保険財政の適正化につながる。

事業実施のロゴマーク


このマークが目印でした

事業の流れ(イメージ図)

効果検証(平成29年度及び平成30年度)

 平成30年度における調査では、残薬発生の最大理由である飲み忘れの要因は、外出などの変則的な生活パターンや本人の意思に拠らない不可抗力、或いは服薬に伴う自覚症状の消失によって服用を忘れる、といった理由が主なものでした。また、自己調節をしている患者の服用薬を見ると、対症療法的に用いられ、自覚症状が本人にも分かり易いため、症状の軽快に伴って意識的に服用を調節していると想定でき、この様な特性を持つ薬剤については、治療経過中の服用状況についてのモニタリングをするために、患者が医師・薬剤師に申告しやすい環境が重要となります。
 平成29年度の調査においては、残薬の発生理由として、主に単純な飲み忘れや自己調節が同様に上げられており、血圧、糖尿病薬の残薬が多いことに加え、抗精神病薬の残薬が多い点が確認されました。平成30年度の調査では、残薬の発生が確認できた薬剤としては、血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病に係る薬剤が上位に上がりました。
 29年度の調査においても、不要となった残薬の廃棄や、残薬を無駄にしないための調整を薬剤師に依頼したいという方は多い反面、実際に患者から薬局への申し出は少ないことが確認されていましたが、これは、薬局で応じられるサービスが患者に十分に知られていない、若しくは廃棄や調整を依頼した場合の負担額が分からないため依頼しにくいといった理由が考えられます。
 平成29年度と平成30年度の調査を通して、いずれも100程度の分析対象データ数によることには留意を要しますが、今後、行政として、被保険者に対して、残薬が発生した場合には、医師、薬局へ適切に相談することの重要性をより一層普及啓発していくことが重要であり、さらに、医師、薬局の薬剤師からも積極的な声掛けを行ってもらうことで、患者が抵抗感無く服薬状況を伝えられる環境の醸成につながると考えています。そして、このような相談・申し出が医師や薬局へあった場合には、関係者間で円滑かつ適切に調整がなされるよう、医療関係者の連携をより一層進めていくことも求められています。

市では、引き続き、関係者と連携し、適正服薬のための取り組みを推進していきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 国民健康保険課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9131
FAX:04-2998-9061

a9131@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る