このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

「市長への手紙」によく寄せられるご意見とその回答

更新日:2018年5月24日

「市長への手紙」に多く寄せられたご意見と回答について紹介いたします。

路上喫煙について

歩きたばこをしている人が非常に多く、路上喫煙禁止区域も全く守られていない。取り締まりなどを強化し、改善して欲しい。

市から  生活環境課 04-2998-9370

 当市では、市民の喫煙マナー及び環境美化意識の向上を図り、安全で快適な生活環境を確保することを目的とした「所沢市歩きたばこ等の防止に関する条例」を施行しております。この条例は、市内全域屋外での道路や公園などの公共の場所では歩きたばこをしてはならないという努力義務、駅周辺など「路上喫煙禁止地区」に指定された地区での喫煙禁止を定めておりますが、各喫煙者の喫煙マナーに対する自覚促進を主目的としているため、違反者に対する罰則規定は設けておりません。
 そこで条例の周知が重要と考え、広報ところざわおよび市のホームページへ掲載するとともに、年2回所沢駅前外7駅周辺において「歩きたばこ等の防止」に関する啓発キャンペーンを所沢市環境推進員連絡協議会と共催で実施しております。
 また、「路上喫煙禁止地区」につきましては、地区内での喫煙やポイ捨て防止のために、道路上に路面シートで標示することで周知・啓発に努めております。

生活保護受給者の自立意識の向上について

生活保護受給者は日に日に増え、市としても受給者の自立意識向上のための施策を検討して欲しい。例えば、公園・道路の清掃、児童の登・下校時パトロール、単身高齢者への声掛けなどのボランテア活動に従事させることで自立意識向上を促せられれば、納税者の不公平感が薄れるのではないか。

市から  生活福祉課 04-2998-9201

 生活保護制度は、様々な事情によりご自分の力で生活することが難しくなった方々に対して最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的とした制度です。
 そのため、生活状況等を把握するために定期的な家庭訪問を行ない、稼働能力のある方に対してはハローワーク等で求職活動をするように指導しております。しかし、仕事が長期間見つからず自信を喪失し、社会との接点を無くして引き籠るような場合には、ボランティア活動への参加等も自立意識の向上に極めて有効であると思われますので、今後の参考とさせていただきます。

防災行政無線の放送について

防災行政無線の放送が聞こえない。(または音量が大きすぎてうるさい)災害が起きた場合心配である。

市から  危機管理課 04-2998-9399

 防災行政無線は、地震や風水害等の災害時に迅速に地域住民へ情報伝達が瞬時に行えるように、指定避難場所である小中学校を中心に設置し、大規模な災害の時以外においても、定時放送を行っているほか、健康に深刻な被害が予想される場合や、人命及び財産に係わる場合については緊急放送(迷い人のお知らせ、熱中症注意喚起放送、振り込め詐欺注意喚起放送等)を行っています。現在、放送塔は市内の101箇所に設置しています。
 音量については、通常は緊急時の7割程度の音量(一定音量)で使用しており、緊急時には最大の音量で放送を実施することになっております。災害時等における住民への情報伝達については大変重要なことと認識しながらも、災害情報以外については、近隣住民への方々へ十分配慮したうえで必要最低限の放送を行っているところです。
 放送が聞こえない方への対策として、放送内容をメール配信しているほか、市ホームページでもご案内しております(「ところざわほっとメール」で検索)。
 また、放送後24時間は、防災行政無線専用フリーダイヤル(0120-100-466)でも聞くことができます。

街灯の設置について

街灯がなく暗いため危険である。街灯を設置して欲しい。

市から  建設総務課 04-2998-9171

 街灯は、国道・県道に埼玉県が設置する「道路照明灯」と、市が地域の主要な道路(学校等の公共施設、集会所、駅等の公的施設等を連絡する、地域の交通量の多い主要な道路)を道路照明灯管理路線に指定し設置する「道路照明灯」、それ以外の道路に自治会等が設置する「防犯灯」の3種類があります。具体的な設置要望箇所について、建設総務課へご連絡ください。

カーブミラーの設置について

視界が悪く、危険なT字路があるのでカーブミラーを設置して欲しい。

市から  道路維持課 04-2998-9168

 カーブミラーの設置要望につきましては、道路維持課の窓口までご相談下さい。現地を確認させていただきます。また、設置箇所が民地や住宅のすぐ目の前になる場合等は、地権者の方の同意が必要となります。(同意が得られない場合は、その場所に設置はできません。)

ところバスについて

ところバスの増便、経路変更をして欲しい。

市から  交通安全課 04-2998-9140

 ところバスは、平成10年5月の運行開始後数回の見直しを行い、平成25年10月1日にも運行コースの増設・変更及び増便を実施したところです。この改正により、航空公園駅や新所沢駅と三ヶ島地区が乗り換え無しで行き来ができ、また、新所沢駅東口発着のバスが増便となる等、利便性を高めるための見直しをいたしました。
 さらに、平成29年1月4日には、所沢市こどもと福祉の未来館の開館に伴い、同施設への乗り入れを開始いたしました。
 今後も、全路線のバランスも考慮して限られた車両台数の中で円滑に運行できる工夫を重ね、また、市民の皆様からの多くの意見を集約した上で、更なる利便性の向上を検討してまいります。

職員の適正配置について

職員の人数が多いのではないか。適正な人員配置をして欲しい。  

市から  経営企画課 04-2998-9027

 人件費の抑制に向け職員数を削減する必要がある一方で、地方分権による国・県からの権限移譲や各分野における法改正・制度の複雑化によって増加する業務量に対応するための人員確保を図る必要もあります。
 このような背景を踏まえ、所沢市定員管理計画では、原則として職員数を増やさないこと(職員規模の維持)を基本方針としております。
既存事務フローの見直しや民間委託化等により業務総量をコントロールしながら、効率的な業務推進体制の構築を進め、適正な人員配置に努めております。

プロぺ通りの客引きについて

プロぺ通りの強引な客引きに困っています。

市から  商業観光課 04-2998-9155

 所沢市では、通行人に不快な思いをさせる悪質な客引き行為等につきましては、埼玉県の迷惑行為防止条例に基づき禁止されております。したがいまして、そのような行為を発見した場合には、警察へ通報し、取り締まりを依頼することになります。
 また、プロペ商店街では、独自にガードマンによる巡回指導を実施するほか、街路灯への警告、巻き看板の設置、商店街役員が警察と合同でパトロールを実施するなど、「安全・安心」に対する積極的な取り組みをされていますが、この度いただきましたご意見を商店街にも伝えてまいります。
 プロペ通りは、県内有数の人出を誇る商店街ですので、市としましては、商店街をはじめ関係各機関と連絡を取り合い、にぎわいを創出しつつも、誰もが安心して買物を楽しんでいただけるよう一層努めてまいります。

自衛隊航空機の騒音について

自衛隊の飛行機が上空をよく飛行しており、その騒音に悩んでいます。

市から  環境対策課 04-2998-9230

 自衛隊航空機に係る騒音については、航空自衛隊入間基地基地対策班や防衛省北関東防衛局横田防衛事務所へその都度、苦情内容を伝えております。また、埼玉県基地対策協議会を通して防衛省、外務省に航空機による騒音の軽減や基地関連情報提供などを毎年要望しております。
 また、航空自衛隊入間基地の基地対策班や防衛省北関東防衛局横田防衛事務所では、直接住民からの相談等を受け付けています。航空機騒音を少しでも改善するために、今後も関係機関へねばり強く要望してまいります。

お問い合わせ

所沢市 市民部 市民相談課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9092
FAX:04-2998-9041

a9092@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る