埼玉県一部地域へのまん延防止等重点措置に伴う市長メッセージ(4月19日発表)

更新日:2021年4月19日

目次

市長メッセージ

埼玉県の一部地域(さいたま市、川口市)が、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の実施区域に指定されました。
所沢市は指定を受けておりませんが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大ペースから、必ず第4波が来るといわれています。
本格的な新型コロナワクチン接種は5月からです。第4波には間に合わないともいわれています。ですからここ一番、市民一人一人の自主管理が重要です。
建物の中では、常に「3密を避ける」「マスクの着用」「こまめな手洗い」「部屋の換気」「飲食の場面での感染症予防」を改めて徹底しましょう。それは、家庭内でも同じです。
市民、事業者の皆様の改めてのご協力をお願いいたします。
広報ところざわ5月号に新型コロナワクチン接種についての記事を掲載しますのでご確認ください。

令和3年4月19日
所沢市長 藤本 正人

新型(しんがた)コロナウイルスの 病気(びょうき)について 所沢市長(ところざわしちょう)からの おねがい

埼玉県(さいたまけん)では さいたま市(し)と 川口市(かわぐちし)が まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)<あぶない じょうきょうであること> になりました。


所沢市(ところざわし)は あぶない じょうきょうでは ありません。 しかし 東京(とうきょう)や 大阪(おおさか)では 新型(しんがた)コロナウイルスの 病気(びょうき)に なるひとが 増(ふ)えています。 これからも 気(き)をつけましょう。


ワクチン<くすり>の 注射(ちゅうしゃ)は 5月から はじめる 予定(よてい)です。 まだ たくさんの 市民(しみん)が 注射(ちゅうしゃ) できる量(りょう)の ワクチンが ありません。 


新型(しんがた)コロナウイルスの 病気(びょうき)に なるひとが ふえないように 生活(せいかつ) しましょう。


建物(たてもの)<家(いえ) 店(みせ)など>の 中(なか)に いるときは 下(した)の ことに 気(き)をつけて ください。


  • たくさんの ひとが 集(あつ)まらない
  • 換気(かんき)<外(そと)の 空気(くうき)を 入(い)れること>する
  • ひとと とても 近(ちか)い 距離(きょり)で 話(はなし)を しない
  • マスクを つける
  • 手(て)を 洗(あら)う
  • 食(た)べる ・ 飲(の)む するときは 大(おお)きな 声(こえ)で 話(はなし)を しない

みんなが ふつうの生活(せいかつ)と、 会社(かいしゃ)や お店(みせ)の 仕事(しごと)が また できるように みんなで いっしょに  がんばりましょう。

広報(こうほう)ところざわの 5月号(がつごう)で 新型(しんがた)コロナウイルスの ワクチン<くすり>の 注射(ちゅうしゃ)の おしらせを しますので 確認(かくにん) してください。


2021年(ねん)4月(がつ)19日(にち)

所沢市長(ところざわしちょう) 藤本(ふじもと) 正人(まさと)

本文ここまで