住宅金融支援機構が発行する環境債(グリーンボンド)への投資表明

更新日:2020年10月16日

 所沢市は、「所沢市マチごとエコタウン推進計画」に基づき、「エコタウン所沢」の実現に向けて様々な取組みを進めてきました。
 この度、所沢市は、基金に属する現金の運用について、同計画の基本理念である「持続可能な環境づくり」に基づく取組みの一環として、独立行政法人住宅金融支援機構(以下「住宅金融支援機構」という。)が発行する環境債(グリーンボンド)への投資を実施しました。

 住宅金融支援機構は、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、国民生活と安定と社会福祉の増進に寄与することを目的に、国の全額出資により設立された機構です。
 「グリーンボンド」とは、再生可能エネルギー事業や省エネルギー事業等のグリーンプロジェクトに要する資金を調達するために発行される債券のことで、その調達資金の使途はグリーンプロジェクトに限定され、調達資金が確実に追跡管理され、それらについて発行後のレポーティングを通じて透明性が確保されるという特徴を持っています。
 住宅金融支援機構が発行するグリーンボンドは、「省エネルギー性に関する技術基準」を満たす新築住宅を対象としており、これらの住宅ローン債権の買取代金を資金使途としています。
 また、平成31年1月に住宅金融支援機構が発行したグリーンボンドは、環境省の「平成30年度グリーンボンド発行モデル創出事業に係るモデル発行事例」として選定され、「グリーンボンドガイドライン2017年版」に適合していることが確認されており、令和2年度においても同一のフレームワークで発行されています。

 今後も、所沢市は「所沢市マチごとエコタウン推進計画」の理念に基づいた取組みを進めることで、持続可能な地域社会の実現に向けて、社会的責任を果たして参ります。

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 出納室
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟1階
電話:04-2998-9227
FAX:04-2998-9269

a9227@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで