所沢市

現代美術展「ところざわ アートの潮流」を開催します

更新日:2020年11月5日

所沢市では、市制施行70周年及び市民文化センター・ミューズのリニューアルオープンを記念し、市内でのアートの変遷を展望する初めての展覧会「ところざわアートの潮流」を開催します。「航空発祥の地」と呼ばれる所沢では、豊かな自然と都市の発展を源泉に、さまざまな文化が花開いてきました。本展では、市が所蔵する作品や貴重な資料をまじえ、山路眞護ら画家たちの戦前・戦後の活動や、1978年に開園した所沢航空記念公園での野外美術展、90年代の野外彫刻展などを紹介いたします。
また、所沢を拠点に活躍する20名(組)の現代アーティストの作品展示も、大きな見どころです。2008年から継続されている自主企画展「引込線」や、国の重要文化財である柳瀬荘での日本大学藝術学部のアート教育プロジェクト、市と姉妹都市提携を結ぶ韓国安養市との作品交流展をはじめ、多岐にわたるアーティストたちの活動は、今後さらなる広がりが期待されることでしょう。所沢の過去と現在が交差する「アートの潮流」をぜひお楽しみください。

※11月5日 トークイベントの情報を追記しました。

ところざわ アートの潮流 メインビジュアル

「ところざわ アートの潮流」展

会場

所沢市民文化センター・ミューズ  ザ・スクエア(展示室・屋内) 及び 情報市場(屋外)
地図を見る(とことこマップ参照)
※屋内と屋外で展示期間が異なりますので、ご注意ください。

期日(屋外)

令和2年11月15日(日曜)から令和2年12月6日(日曜)

期日(屋内)

令和2年11月27日(金曜)から令和2年12月6日(日曜)

開場時間

午前10時から午後5時

入場料

無料

参加作家(予定)

  • 山路 眞護
  • 上村 次敏
  • 中山 正樹
  • 戸谷 成雄
  • 高見澤 文雄
  • 坂牛 幹雄
  • 遠藤 利克
  • 多和 圭三
  • 多和 英子
  • 伊藤 誠
  • 牛島 達治
  • 祐成 政徳
  • 尹 煕倉
  • 志水 児王+飯田 博之
  • 鞍掛 純一
  • 小畑 多丘
  • 杢谷 圭章
  • 加茂 昂
  • 桑名 紗衣子
  • 幸田 千依
  • 小穴 琴恵
  • 森田 可子

トークイベント「ところざわ アートの潮流をめぐって」

会場

所沢市民文化センター・ミューズ キューブホール(小ホール)

日時

2020年11月28日(土曜)
第1部 午後2時から午後2時45分まで(午後1時30分開場予定)
第2部 午後3時から午後4時まで

出演者

第1部 前山裕司(新潟市美術館館長)、森啓輔(千葉市美術館学芸員)
第2部 伊藤誠(本展作家)、小穴琴恵(本展作家)、加茂昴(本展作家)、前山裕司、森啓輔

料金

入場無料(定員100名 当日先着順)

展示予定作品

展示作品1
山路眞護 《巴里》 1946年

展示作品2
伊藤誠 《Boat:mu20-5》 2020年  協力:MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス 撮影:加藤健

主催

所沢市、公益財団法人所沢市文化振興事業団

お問い合わせ

所沢市文化芸術振興課(電話:04-2998-9211

お問い合わせ

所沢市 市民部 文化芸術振興課
〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階

電話番号:04-2998-9211
ファクス:04-2998-9491

a9211@city.tokorozawa.lg.jp

市のトップへ戻る