令和2年度「新エネ大賞」の「新エネルギー財団会長賞」を受賞(1月26日発表)

更新日:2021年1月26日

概要

この度、民間企業等と連携したエネルギーの地産地消事業について、本市及び株式会社ところざわ未来電力が「新エネ大賞」の地域共生部門で「新エネルギー財団会長賞」を受賞いたしましたので報告します。

「新エネ大賞」は、再生可能エネルギーなどの新エネルギーの普及促進を目的として、一般財団法人新エネルギー財団が主催、経済産業省が後援しているもので、分散型新エネルギーの推進を対象とした「分散型新エネルギー先進モデル部門」や、エネルギーの地産地消や地域循環の推進が対象の「地域共生部門」などが設けられています。

今回受賞した「新エネルギー財団会長賞」は、経済産業大臣賞、資源エネルギー庁長官賞に次ぐ賞で、株式会社ところざわ未来電力の株主がそれぞれの強みを生かして県内の清掃工場・太陽光発電所から大部分の電源を調達し、公共施設や高圧需要家に電力を供給していること、フロートソーラー所沢等の売電収入をマチごとエコタウン推進基金に積み立て、公共施設の省エネ化や市民の省エネ・創エネ機器等の導入補助に活用していることが評価されたものです。

受賞の概要は、令和3年1月26日に新エネルギー財団のホームページにて公表される予定です。

URL:https://www.nef.or.jp/award/(外部サイト)

問い合わせ

環境クリーン部環境政策課
電話:04-2998-9133

本文ここまで

サブナビゲーションここから