11月は彩の国ふるさと学校給食月間!地場産食材を使った給食を提供!(11月5日発表)

更新日:2020年11月4日

概要

埼玉県では、収穫の秋の11月を「彩の国ふるさと学校給食月間」として、地場産食材を取り入れた給食による郷土学習を行うなど、ふるさとへの愛着を深める学校給食活動を推進しています。特に、第3週を「地場産物活用強化ウィーク」とし、重点的に地場産食材を使用した給食を提供しています。
本市では、農家と食品会社の協力で、学校給食用の商品を開発。11月16日(月曜)から11月20日(金曜)に市内15校ある単独調理校(自校給食校)で地場産野菜を使ったメニューに加えて、以下の2品を提供します。

小川さんちの小松菜入りメンチカツ

中富の農家・小川さんの畑で立派に育った小松菜をたっぷり入れたメンチカツ。小松菜をしっかり感じられる、ジューシーでおいしいメンチカツです。

狭山茶を使用したお茶マーブル食パン

山口にある黒田園の狭山茶を使った、緑と白のマーブル模様の食パン。お茶の風味を感じられる、しっとりふわふわの食パンです。

※その他、ごぼう・しゃくし菜・大根・白菜・人参・長ねぎ・さつま芋・里芋・ほうれん草・小松菜・かぶなどの埼玉県産・所沢産の野菜を使った給食も提供します。
※取材は11月17日(火曜)に明峰小学校で可能です。取材を希望される場合は、11月12日(木曜)までに保健給食課にご連絡ください。

日時

給食提供期間:令和2年11月16日(月曜)から11月20日(金曜)
取材可能日:11月17日(火曜)

場所

取材可能学校:所沢市立明峰小学校(所沢市北有楽町26番20号)

問い合わせ

学校教育部保健給食課
電話:04-2998-9249

本文ここまで

サブナビゲーションここから