市立中学校教員が逮捕された事案について(12月18日発表)

更新日:2020年12月18日

概要

令和2年11月27日に所沢市立中学校の教員が逮捕されました。

職・氏名等

所沢市立柳瀬中学校の教諭

柿沼 信夫(52歳・男性)

内容

11月27日(金曜)に、自宅(東京都練馬区)において、神田警察署より任意同行を求められ、尿検査の後、覚せい剤使用の容疑で逮捕された。本日(12月18日)起訴の予定。覚せい剤使用の容疑で逮捕された。

経過

12月3日(木曜)神田警察署より学校に、情報提供及び照会の入電があり、その後、校長からの報告によって教育委員会として本件を把握しました。その時点で、警察からの公表はなく、教育委員会・学校も公表しないよう要請があったため、ここまで公表を控えていました。

本教諭は、休職中であり、逮捕当時も学校での勤務はしていませんでした。

なお、本教諭からは、11月26日付で12月31日をもって退職したいとの願が提出されていました。

大岩おおいわ 幹夫みきお教育長のコメント

本市の教員が逮捕される事案が発生したことにつきましては、大変遺憾なことであり、心よりお詫び申し上げます。このたびも誠に申し訳ございませんでした。警察の捜査に全面的に協力するとともに、県教育委員会にも報告し、厳正に対応いたします。

教職員の綱紀粛正及び事故防止については、これまでも様々な機会を設け、指導してきたところですが、今後一層、具体性・実効性のある指導を徹底し、信頼回復に努めてまいります。

問い合わせ

学校教育部学校教育課
電話:04-2998-9238

本文ここまで

サブナビゲーションここから