「全国広報コンクール」埼玉県審査で広報ところざわが2年連続“特選”を受賞!(2月3日発表)

更新日:2021年2月3日

概要

全国広報コンクールは、自治体広報の向上を目指して公益社団法人日本広報協会が毎年行っているものです。このたび、令和3年の同コンクール埼玉県審査が行われ、「広報ところざわ」が、写真部門・1枚写真(応募総数38点)で1位となる“特選”に選ばれました。昨年の広報紙部門・市部に続き2年連続の特選受賞となります。

今回の受賞作は、令和2年10月号の表紙写真。その月の広報紙の「顔」であるとともに、所沢の農産物を紹介する特集記事の扉も兼ねており、所沢産農産物のおいしさだけでなく、消費者と生産者の距離が近い所沢の農業の特徴をタブロイド判の大きさを生かした1枚写真で表現しました。本作品は、埼玉県推薦作品として、本年5月の全国審査へと進みます。
平成28年度のリニューアル以来、5年連続で県内入選を果たした「広報ところざわ」。今回の受賞を励みに、今後も読者である市民に「読みやすい・役立つ・共感できる」と感じてもらえるような、「読んでうれしい広報紙」を目指し、魅力ある広報紙をお届けしていきます。

「広報ところざわ」概要

  • タブロイド判16ページ4色刷り
  • 毎月1回1日に発行、市内全戸配布
  • 発行部数:毎月約170,000部

受賞作:「広報ところざわ」令和2年10月号(表紙1枚写真)

畑の中の農道で、ナイフとフォークを手に、ちょっとおしゃれした男女がテーブルをはさんで向かい合う。皿の上には、料理ではなく色鮮やかな野菜。後方に団地やマンションを写し込み、所沢産農産物のおいしさだけでなく、消費者と生産者の距離が近い本市の「都市近郊農業」としての特徴を表現した。広報紙を手に取った人が思わずページをめくってもらえるよう、タブロイド版の大きさを生かした1枚写真のインパクトや面白さを狙った。読者アンケートでは、「表紙の写真から、野菜の美味しさと農家の人、食べる人の気持ちが伝わってきた」などの声が寄せられた。

問い合わせ

経営企画部広報課
電話:04-2998-9024

本文ここまで