トコろんがセブン-イレブンでレジ袋削減を呼びかけ(6月4日発表)

更新日:2020年6月4日

概要

所沢市は6月からPOP(ポップ)を使用し、市内のセブン-イレブン全39店舗でレジ袋の削減を呼びかけます。POPは各レジに掲示されており、トコろんの「レジ袋いりません」という吹き出しを、お客様がそのまま声に出せるよう、工夫して作られました。
これは7月からのレジ袋有料化に先駆け、コンビニでの使用抑制を呼びかけるものです。海洋汚染の原因となるプラスチックごみの削減を目的に実施します。
POPを掲示した店舗からは「行政からの後押しで、お客様への声掛けがしやすくなった」とのご意見をいただいています。
当取り組みは令和元年11月14日に株式会社セブン-イレブン・ジャパンと所沢市とで締結した「株式会社セブン-イレブン・ジャパンとの地域活性化包括連携協定」に基づく連携事業であり、今後も様々な形で取り組みを行っていきます。

掲示期間

令和2年6月1日(月曜)から

問い合わせ

環境クリーン部資源循環推進課
電話:04-2998-9146

本文ここまで

サブナビゲーションここから