所沢市パートナーシップ・ファミリーシップ制度が始まりました(1月20日発表)

更新日:2022年1月20日

概要

所沢市は、本年1月1日からパートナーシップ・ファミリーシップ制度(※後述)の運用を開始しました(1月4日から受け付け開始)。
開始後2週間で2件の届出があり、うち1件は埼玉県内で初となる「ファミリーシップ制度」を含む届出でした。家族としての関係性を届け出る「ファミリーシップ制度」の県内初の利用者となった市民からは、次のようなコメントが寄せられています(一部抜粋)。



「どれだけ同じ時間を過ごしても家族になれない今の日本で、ファミリーシップ制度を導入していただき、とても嬉しく、少し安心しております。誰もが大切なパートナーや家族と幸せに人生を歩んでいくことができるような支援を市が考えてくれていると感じています。」



なお1月20日現在、さらに3件の届出の予約を受けているところです。

パートナーシップ・ファミリーシップ制度

LGBTなどの性的少数者やその子ども等を対象に、希望者がパートナーや家族としての関係性を届け出た場合に、自治体が届出を受理した証明書を発行することで、行政や民間のサービス、社会的配慮を受けやすくするものです。

ファミリーシップ制度を導入している埼玉県内の自治体(令和4年1月1日現在)

令和3年9月:入間市
10月:川島町
11月:狭山市
12月:鴻巣市
令和4年1月:所沢市、飯能市、日高市  合計7市町

問い合わせ

経営企画部 企画総務課
電話:04-2998-9150

本文ここまで

サブナビゲーションここから