このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

7月の出来事

更新日:2018年7月11日

星空フェスティバル

平成28年7月31日(日曜)生涯学習推進センター

幅広い世代の人に星空や宇宙を身近に感じてもらおうと、市内の光学機器メーカーである株式会社ビクセンの協力により、7月30日・31日の2日間にわたって開催された「星空フェスティバル」。日が落ちてから空がすっきり晴れ上がり、土星や火星をターゲットにした星空観察会では、天体望遠鏡をのぞいた子どもたちから歓声が上がっていました。
日中も、体育館に出現したプラネタリウムやスライム・スーパーボール作りなど、体験型のイベントがたくさん行われて、どれも大人気。参加者は、楽しみながら星や宇宙を学びました。
撮影:市民カメラマン・津田 資雄

リアル恐竜体験プロジェクト「DINO-A-LIVE(ディノアライブ)」

平成28年7月31日(日曜)所沢航空記念公園野外ステージ

所沢航空発祥記念館のイベントとして開催された、まるで生きているような恐竜が縦横無尽に動き回るショーに、開場前から長い行列ができました。低いうなり声とともに体長7メートルのティラノサウルスが登場すると、大人も子どももその迫力にびっくり。大きな口と鋭い歯をあらわに前列の人たちに襲い掛かるリアルな姿は、大人でもたじろぐほどで、中には泣き出す子どもも。「恐竜に会った!」その驚きと感動は、忘れられない夏休みの思い出になったことでしょう。
撮影:市民カメラマン・遠井 洋子

外国につながる子どもの高校進学ガイダンス

平成28年7月30日(土曜)  新所沢まちづくりセンター

外国出身の中学生と保護者のための高校進学相談会が開かれました。高校生活や高校受験に向けての準備などの説明を聞いた後、中学・高校の先生に個別に相談をしました。ガイダンスは、通訳や外国語の資料を使って進められ、「今からがんばれば、入りたい高校をめざせると思いました。」「色々な情報がわかり、夏休み中に学校の説明会へ行きます」などの感想が聞かれました。

主催・写真等提供:2016年高校進学ガイダンス実行委員会

所沢農産物親子料理コンテスト「狭山茶を食べよう!」

平成28年7月29日(金曜)保健センター調理室

所沢の名産品である狭山茶をPRするため、そして夏休みの親子の思い出作りのために開催された、所沢農産物親子料理コンテスト「狭山茶を食べよう!」の本審査が行われました。
本審査に進んだのは6組の親子。狭山茶を使ったお菓子などを制限時間内に作り、「狭山茶の良さを引き出しているか」「親子で協力して楽しく作業できるか」など5項目の審査基準で競い合いました。
1時間30分の調理の後は、参加者のPRタイム。味や香り、栄養の点で工夫したポイントを親子で審査員にアピールしました。審査員の採点により、抹茶の渋みとチョコレートの甘さも程よい「お茶のガトーショコラ」を作った倉田さん親子が最優秀賞に選ばれました。
6組のメニューは市が作成するレシピ集「所沢産農産物を活用した地産地消レシピ」に掲載されます。

【最優秀賞】
「お茶のガトーショコラ」 倉田 実於みおさん、紀美江きみえさん

【市長賞(特別賞)】
「さ山茶の和風ババロア」 井田 あすみさん、久美子くみこさん

【優秀賞】
「狭山茶かりんとう」 佐々木 悠次ゆうじさん、佳苗かなえさん
「狭山茶かおるお茶マフィン」 前田 知陽ちはるさん、みち子さん
「茶ルボナーラ」 酒巻さかまき 拓真たくまさん、奈美なみさん
「さといもプリン狭山茶風味」 乙川おとかわ 幸太朗こうたろうさん、早百合さゆりさん

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック出場選手壮行会&市長表敬訪問

平成28年7月27日(水曜) 1階市民ホール、3階市長応接室

ブラジル・リオデジャネイロで8月から開催されるオリンピック、9月から開催されるパラリンピックに出場する「所沢市にゆかりのある選手」の壮行会が行われました。この日駆けつけてくれたのは、ウィルチェアーラグビーの島川 慎一 選手(市内在住)とパラ卓球の岩渕 幸洋 選手(早稲田大学在学)。島川選手は、今回で4度目のパラリンピック出場。ベテランとなった今でもチームトップクラスのスピードで得点を重ねるポイントゲッター。岩渕選手は、国際大会での活躍めまぐるしく、初のパラリンピック出場。
インタビューでは、「メダルをとれるようがんばりますので、ぜひ応援をお願いします」「遅い時間での中継になりますが、ぜひ実際にプレーを見てほしいです」とお二人が抱負を語ってくれました。市からは、リオデジャネイロでの活躍を期待して、必勝トコろん人形と熱いエールが両選手に贈られました。
イベント終了後、3階市長応接に場所を移して行われた市長表敬訪問では、市長や副市長から激励の言葉が送られました。

夏休み小学生 とみおかキッズチャレンジ じゃがいもピザとデザートづくりにチャレンジ

平成28年7月27日(水曜)富岡まちづくりセンター

富岡まちづくりセンターで毎年行っている人気の講座・キッズチャレンジ。この日はじゃがいものピザとデザートづくりが行われました。参加した21人の小学生はやる気満々。「料理サークル絆」のみなさんの指導のもと、包丁を使って下準備したり、火をかけたフライパンでピザをひっくり返したりと、慣れない料理に奮闘しました。自分たちで作ったじゃがいもピザとデザートのフルーツヨーグルトはおいしさも格別。元気な「いただきます!」の声とともにたちまち平らげてしまいました。夏休みのがんばった楽しい思い出がまた一つできたようです。

妊婦サロン

平成28年7月26日(火曜)保健センター

市内在住の妊婦さんを対象にした交流会の妊婦サロン。
初産、出産経験者、週数を問わない交流会で、11人の妊婦さんと3人のお子さんが参加しました。
ベビー用品のオススメや、おむつの種類など、妊娠出産の情報をおしゃべりを通して交換しました。
途中、助産師による簡単ストレッチを行うと「思ったより体が硬い~!」という声も。終始、笑顔が絶えないサロンでした。

夏休み子どもワークショップ

平成28年7月23日(土曜)教育センター

小学校が夏休みに入った最初の週末。親子理科・図工教室にたくさんの親子連れが集まりました。
バルサ材の切り出しから挑戦するポンポン舟(図工教室)、ロケットが飛ぶしくみが学べるフィルムケースロケット(理科教室)、電気回路を学んで配線を考えるリモコンロボット「とこロボ」(理科教室)づくりにそれぞれ挑戦しました。
身近なものや手に入りやすい材料を使った工作や実験は、夏休みの自由研究や工作にもぴったり。お子さんに負けないくらい熱中するお父さんの姿もあちこちで見られました。
撮影:市民カメラマン・中村 仁・伊藤 磨紀子

狭山ケ丘駅前ロータリー除草作業

平成28年7月23日(土曜)狭山ヶ丘駅東口駅前ロータリー

梅雨の晴れ間の週末、地元の自治会、長生クラブ、ボランティアクラブなどの皆さんに小中学生も加わって、駅前ロータリーの除草作業に汗を流しました。
約90人の参加者のうち、約50人が地元狭山ケ丘中学校の生徒と先生、宮前小学校の児童とPTAの皆さん。初参加となった小学生は、最初は慣れない手つきだったものの、コツを教えてもらって、楽しく作業に当たっていました。中学生のお兄さん、お姉さんや地元の人たちとの貴重な交流の場にもなったようですね。
撮影:市民カメラマン・三平 資郎

中学生海外文化交流派遣事業 派遣団壮行会が行われました

平成28年7月22日(金曜)市役所3階全員協議会室

国際社会に対応できる人材の育成を目的として、7月26日から7月30日までの3泊5日の日程で、所沢市の中学生30名がシンガポールに派遣されます。
壮行会では、保護者の方々、各中学校長の見守る中、なか議長、内藤教育長、田中学校教育部長が激励の言葉を贈りました。派遣中学生たちは元気な自己紹介と現地校で披露する予定の合唱でそれに応えました。最後に、派遣中学生を代表して中央中学校の前田 鈴さんが意気込みを語りました。
訪問先のシンガポールでは、日本人学校での体験授業、現地校Hong Kah Secondary Schoolとの交流体験プログラムなどが予定されています。多くを学び、元気に帰ってきてくださいね!

所沢市立障害児者施設作品展および地域活動支援センター紹介コーナー

平成28年7月20日(水曜)市役所1階市民ホール

障害を持つ子どもや大人も、社会の中で自立していけるように。そんな思いを込めて障害を持つ方の自立支援活動が行われています。今回の展示では、販売用の手芸作品やキャンドル、日常の活動の一環として描かれた絵画などの作品を見ることができます。いずれもすばらしい出来栄え、はっとさせられる美しさです。展示は、21日(木曜)は午後5時まで、22日(金曜)は午後3時まで行っています。ご来庁の際は、どうぞご覧ください。

所沢若松クラブ 全国大会出場報告

平成28年7月20日(水曜)市役所3階市長応接室

平成28年度全日本9人制バレーボールクラブカップ女子選手権大会(36thデサントジャパンクラブカップ)に、所沢若松クラブが出場するため、その出場報告に来られました。
所沢若松クラブは、6月に行われた埼玉県予選において優勝(4年連続18回目)したことから、平成28年8月4日(木曜)から7日(日曜)の期間、千葉県千葉市で開催される同大会(全国大会)に、13年連続21回目の出場となります。
「今年は、良い選手もそろっていますので、良い報告ができそうです!」と、新井 喜代子 代表は笑顔で意気込みを語っていました。

第8回野老ところさわ行灯あんどん廊火ろうか

平成28年7月16日(土曜)元町コミュニティ広場ほか

過去最高の人でにぎわった第8回野老澤行灯廊火。
浴衣姿の人や、思い思いの仮装をした人などが所沢の夏の風物詩を楽しみました。
輪なげやミニ行灯づくり体験などの子ども向けイベントも行われ、子どもたちも大はしゃぎ!
プロぺ通りでは仮装パレードも行われ、トコろんもおばけに扮して参加しました。
撮影:市民カメラマン・須田文富、広報課

芸術総合高校映像芸術科 卒業制作発表会・作品展

平成28年7月16日(土曜)市民文化センターミューズ展示室

芸術総合高校映像芸術科第15期・38人が卒業制作を発表しました。
壁面には写真やイラスト作品が並び、映像は上映ブースやパソコンで楽しむことができました。
会場を訪れた数百人が、それぞれの「自信作」をじっくりと鑑賞していました。

文化芸術に関する市民意見交換会

平成28年7月16日(土曜)市役所6階604会議室

「市民が親しむ市民文化のあり方とその進め方について」をテーマに、識者と27人の市民が活発に意見交換を行いました。
文化活動の主体、あるいは鑑賞の主体として、現状の課題とこれからの改善をそれぞれが話し、市民文化センターミューズの活用方法などに提案がありました。
次回の意見交換会はテーマを変えて、7月23日(土曜)に開催します。

所沢駅東口駅ビル計画起工式

平成28年7月15日(金曜)所沢駅東口駅前

株式会社西武ホールディングスが手がける「所沢駅東口駅ビル計画」の起工式が行われました。8月着工予定の新築工事に先立ち、工事が無事に行われることを願って、多くの関係者が見守る中、所澤神明社の宮司により起工式は執り行われました。
この駅ビルは、4フロアに120店舗のテナントが入り、店舗面積は18,500平方メートルに及ぶ規模で、ビルにつながる新たな改札も設置される予定です。また、防災備蓄倉庫・非常用電源の設置、災害時の帰宅困難者受け入れスペースの確保も計画されています。さらに、所沢市パスポートセンター(平成28年7月、市役所1階に開設)はこの駅ビルへの移転が予定されています。
完成が待ち遠しいですね。

ユメセンサーキット2016

平成28年7月14日(木曜) 南小学校

公益財団法人日本サッカー協会が主催する「ZOJIRUSHIユメセンサーキット2016」の第6回「夢の教室」が南小学校で7月14日、15日と5年生を対象に開催されました。
今回の夢先生は、14日にフリースタイルフットボーラーの徳田 耕太郎さん、15日に元プロ野球選手の三井 浩二さんが務めました。取材した14日の5・6時間目は、5年3組を対象に行われ、前半は体育館で心と頭を使ったゲームをし、後半は教室で徳田さんが授業を行いました。
13歳でフリースタイルフットボールと出合い、脳挫傷や鎖骨骨折を伴う大ケガを乗り越え、17歳で日本一、21歳で世界一へと駆け上がった徳田さん。授業では、幼少期からのさまざまな経験を語りながら、夢や目標を持ち、それに向かって楽しみながら努力することの大切さを伝えました。児童たちにも夢やその夢を達成させるために今何ができるかを書き出し、発表しました。
最後は徳田さんから「夢は努力すれば必ず叶います。そして楽しみながら努力するのが大事です。」と、児童たちにメッセージが贈られ、「夢の教室」は幕を閉じました。

「ユメセンサーキット」は、子どもたちの心身の成長に寄与したいという日本サッカー協会が立ち上げた「JFAこころのプロジェクト」の一環で行われ、象印マホービン株式会社が協賛して全国各地の小学校で開催されています。

生徒と徳田さんの集合写真

新十両大輝関のインタビューをテレビの前で応援!

平成28年7月13日(水曜)

名古屋場所から十両に昇格し、所沢出身で初の関取となった大輝関が、NHK大相撲中継の番組中、新十両紹介のコーナーに登場。堂々とインタビューに応じる様子を、市役所に特設されたテレビの前で市民が見守りました。
地元の支援者から贈られた鮮やかなトコろんの化粧まわしも紹介され、身近なゆるキャラの登場に思わず笑顔になる人も。ちびっこ相撲で名を馳せた子供時代の写真や、学生時代の貴重な映像を交えながら、「これがスタートライン」と抱負を語る大輝関の姿に、「頑張ってほしいね!!」と大きな期待を寄せていました。
 

所沢市4Hクラブ夏の所沢野菜発表会

平成28年7月13日(水曜) 市役所1階市民ホール

所沢市4Hクラブによる「夏の所沢野菜発表会」が行われ、新鮮でお買い得な所沢野菜を求める来庁者でにぎわいました。朝採りのとうもろこし、かぼちゃや枝豆などの夏野菜のほか、皮が赤紫色のじゃがいも「デストロイヤー」や皮が白い「白かぼちゃ」などたくさんの野菜が並んだ今年の発表会。訪れた人は、若手農業後継者たちと、おすすめ野菜についての会話に花を咲かせながら、買い物を楽しみました。

所沢市4Hクラブは、市内の若手農業後継者で組織され、4Hは、Hands(手腕)、Head(頭)、Heart(心)、Health(健康)の4つの英語の頭文字を取ったものです。

採れたて!農産物直売「とことこ市」

平成28年7月12日(火曜)市役所別館入り口前広場

所沢野菜の写真

所沢野菜や、卵、所沢野菜の漬物、焼きだんごなど、所沢で作られた新鮮でおいしい農産物などを販売する「とことこ市」が開催されました。
本日も、開始早々賑わいを見せましたが、お客さんの中にコック姿の方が・・・。声をかけると、所沢航空記念公園内のエコトコ・ファーマーズカフェの店長・粕谷さんでした。「新鮮な所沢野菜が買えるチャンスなので来ました!」とのこと。他のお客さんも、それぞれ欲しかったものが買えて満足した様子で帰っていかれました。

好評のとことこ市、市役所別館入り口前広場で毎月第2火曜日に開催してきましたが、それに加えて、元町コミュニティ広場で毎月第3日曜日に開催することになりました!
次回のとことこ市は7月17日(日曜)に開催します。
会場は元町コミュニティ広場(所沢まちづくりセンター前)、時間は午後2時から午後7時までです。
新鮮でおいしい所沢の夏野菜などの農産物、加工食品等を販売します。次回もよろしくお願いします!

熊本地震記録写真展

平成28年7月5日(火曜)ギャラリー喫茶オンブル

日本大学芸術学部2年生の嶋北さんが、新所沢の喫茶店で個展を開いています。
嶋北さんは熊本市出身。
熊本地震の約2週間後に帰省し、3日間必死に撮影した記録写真が並んでいます。
車の助手席から撮った写真には、その場所にいるかのような臨場感があり、心を揺さぶられます。
展示は7月10日(日曜)までです。

ハワイアンフェスティバル

平成28年7月3日(日曜)吾妻まちづくりセンター

今回で25回目となる吾妻まちづくりセンター恒例のハワイアンフェスティバル。
4組のバンドが33曲のハワイアンメロディーを演奏。
そのメロディーにダンスチームが加わりフラダンスで彩りを添えました。
ダンサーたちの楽しそうに優雅に舞う姿が美しかったです。
会場は満席で、数名の立ち見客も出るほどの賑わいでした。
撮影:市民カメラマン・白須 信一

荒幡富士の山開き

平成28年7月1日(金曜)荒幡富士

市南部に位置する荒幡富士で、登山者の1年の無事を祈る神事が行われました。
高さ約12メートルほどの人工富士を所沢第二幼稚園の園児たちが元気いっぱい登りました。
ぜひ、所沢の富士山を登ってみてください。

ところバスで荒幡富士といきものふれあいの里センターに行ってみよう♪

どんなところか確認したいときは、トコろんとひばりちゃんの登山動画をチェック♪

所沢市パスポートセンターが開設しました

平成28年7月1日(金曜) 市役所1階市民課窓口横

7月1日(金曜)午前9時からのオープンに先立ち、午前8時30分から開設式が行われました。開設式では、コバトンからトコろんへの業務バトンタッチセレモニーやテープカットが催され、9時からの申請を待つ方たちで賑わいました。午前9時と同時に整理券を持つ方々が順番に呼ばれ、所沢市でのパスポート業務がスタート。終日、申請者が訪れていました。
受付時間は、月曜から金曜の午前9時から午後4時30分まで。受け取りのみ第2・第4土曜にも行っています。写真機も1階市民ホールに設置されています。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る