このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

4月の出来事

更新日:2017年4月24日

第66回所沢市子ども写生大会

平成29年4月22日(土曜)西武園ゆうえんち

市内の小・中学生と高校生を対象に西武園ゆうえんちで行われる所沢市子ども写生大会。
例年大勢の子どもたちが参加するこのイベントに、今年は2,207人が参加しました。
ピクニック気分でお弁当を広げながら楽しんでいる子どもから、真剣な表情でキャンバスに向かう子どもまで、思い思いに絵を描く時間を過ごしていました。
来年の写生大会も楽しみです。
撮影:市民カメラマン 中村 仁

日本農業遺産地域認定授与式

平成29年4月19日(水曜) 農林水産省(東京都千代田区)

所沢市、川越市、ふじみ野市、三芳町の3市1町で行われている伝統的な「武蔵野の落ち葉堆肥農法」が、首都圏で初めて日本農業遺産に認定されました。平成28年度に創設された日本農業遺産には、全国の19地域から申請があり、7県8地域が初めて認定されたものです。
この認定を受け、農林水産省で日本農業遺産地域認定授与式が行われ、「武蔵野の落ち葉堆肥農法世界農業遺産推進協議会」を構成する本市の藤本市長、川越市の川合市長、ふじみ野市の高畑市長、三芳町の林町長、JAいるま野の吉野常務理事、関係者の皆さんが出席し、山本農林水産大臣から認定証を授与されました。

「春を感じる景観まちづくり」展示会

平成29年4月17日(月曜)市役所1階市民ホール

春をテーマにした「春を感じる景観まちづくり」展示会を、4月21日(金曜)まで開催しています。
草花や木を植えることで、彩り豊かな景観づくりを進める「とことこガーデン」や、所沢らしい魅力のある景観として、市民の皆さんからご応募いただいた「とことこ景観資源」の写真を展示しています。他にも、トコガーデナーによるお花の寄せ植え展示や、市内で積極的に景観まちづくりを行っている「景観市民活動クラブ登録団体」の活動も紹介しています。
市内のとことこガーデンを紹介している「とことこガーデンマップ」を持って、丹精こめて育てた花々に彩られたガーデンめぐりはおすすめです!

市内小中学校の体験活動に関する展示

平成29年4月14日(金曜)市役所1階市民ホール

市内の小中学校の子どもたちが、納涼祭で太鼓を叩いたり、福祉施設のお手伝いをするなど、地域の一員として奮闘した体験活動の展示が、4月11日から14日まで行われました。
埼玉県では、自然、職業、社会奉仕など、様々な分野の体験活動を通して、子どもたちの豊かな人間性や社会性を育むため、「埼玉の子ども70万人体験活動」を推進しています。
こうした体験活動の展示を通して、自然体験や地域貢献といった、各小中学校で特色のある活動の様子や、子どもたちの感想と成果が見てとれ、体験活動によって成長していく子どもたちの姿を見ることができました。

採れたて!農産物直売「とことこ市」

平成29年4月11日(火曜)市役所別館入り口前広場

この日はあいにくの雨でしたが、満足げに買い物していくお客さんの姿が多く見られました。「とことこ市」は根強いリピーターをはじめ、多くのお客さんに支えられているのですね。お客さんを迎えるお店でも、それぞれのテントで雨対策を施して、野菜や食品を大切に扱っていました。
「とことこ市」は、毎月第3日曜日に、元町コミュニティ広場(所沢まちづくりセンター前)でも開催されます。次回は、4月16日午前10時から午後3時まで(売切れ次第終了)。天気が多少悪くても「とことこ市」は開いています!

新1年生に「こてまるキーホルダー」をプレゼント

平成29年4月11日(火曜)小手指地区内小学校

登下校の交通安全を祈願して制作した小手指地区マスコットキャラクター「こてまるキーホルダー」が、小手指地区内の各小学校(小手指小、上新井小、北野小、北中小、椿峰小)の新1年生に贈られました。
これは、小手指まちづくり協議会が作成・配布したもので、各小学校を訪れた大舘靖治会長と地域振興部会の鹿島正之助部会長は「子どもたちには、地区のマスコット『こてまる』に親しみを持ってもらいながら交通事故に気を付けて楽しい学校生活を送ってほしい。今後は毎年配布できるようにしていきたい」と語っていました。
こてまるのモチーフ
学問の神様として北野天神社に祀られている菅原道真ゆかりの烏帽子と梅。小手指ヶ原の合戦で北条氏率いる鎌倉幕府に勝利した新田義貞の家紋(大中黒)。右手は小手指の由来の一つ小手をかざした仕草をモチーフ。

交通安全啓発活動

平成29年4月10日(月曜) ヤオコー所沢北原店前

春の全国交通安全運動に合わせて、警察や交通指導員、交通安全協会などによる啓発活動が行われました。
「自動車や自転車などの車両は、歩行者への思いやりを忘れないようにしましょう」「歩行者は歩道や道路の端を歩きましょう」など呼びかけを行いながら、啓発グッズ(リストバンド型の反射材)を配布しました。啓発活動には交通安全広報大使のトコろんも参加し、活動を盛り上げました。

市民文化フェア

平成29年4月8日(土曜)・9日(日曜)所沢航空記念公園

満開の桜の中、所沢の春の祭典「市民文化フェア」が盛大に行われました。
あいにく天気は土曜日が曇り、日曜日が雨で、一部イベントは中止になりましたが、家族連れを中心に大勢の方がこの日を待ちわびた様子で来場していました。
文化フェアは「音楽」「お茶」「花」「飛行機」がテーマ。
音楽ステージに狭山茶、桜に飛行機(アンリ・ファルマン機)と、盛りだくさんの内容に、満足そうな笑顔がたくさん見られました。
撮影:市民カメラマン・佐藤 清一郎、津田 資雄

所沢市交通指導員の委嘱状交付式と服装点検が行われました

平成29年4月7日(金曜)市役所1階市民ホール

登下校時に道路に立って交通整理をしたり、交通安全教室で児童生徒に交通ルールを教える活動をしている交通指導員の皆さん。この日は、藤本市長から市内の小中学校の通学路ごとの交通指導員に、委嘱状が手渡されました。
その後、服装や持ち物、姿勢などをチェックする、「交通指導員服装点検」が行われました。この点検は、児童生徒の安全を1年間しっかり守れるようにと、毎年年度始めに行われています。服装点検には、相見あいみ所沢警察署長も駆けつけ、交通指導員の皆さんを激励しました。

東川桜並木ライトアップ

平成29年4月4日(火曜)・4月7日(金曜)東川沿い

市内中央を流れる東川の両岸には約700本の桜並木が続きます。
このうち、西新井町から牛沼までの区間を今年もライトアップ!
昼の桜もきれいですが、東川沿いでは夜桜も楽しめます。
川沿いの道は多くの人が訪れ、思い思いに桜を撮影していました。
ライトアップは4月14日(金曜)まで行われる予定です。
撮影:市民カメラマン・西山 元博

白いタンポポ

平成29年4月7日(金曜)西住吉

あたたかい陽気のなか芽吹いた「白いタンポポ」。
市民カメラマン・浅見 司郎さんが、道端に咲いていた3株ほどの白いタンポポを見つけたのは約20年前。枯れてしまう前に1株だけご自宅の庭に植え替えたそうです。現在、ご自宅の庭には5株ほどのタンポポが花を咲かせ、春の訪れを知らせています。
撮影:市民カメラマン・浅見 司郎

所沢に春が来た!

平成29年4月5日(水曜)所沢航空記念公園ほか

市内の桜は気温が上がるにつれてどんどん開花が進み、木によっては満開のものも見られるようになりました。
所沢航空記念公園には大勢の人がシートを広げて花見を楽しんでいました。
4月8日(土曜)・9日(日曜)の文化フェアまでは見ごろになりそうです。
市内の桜の名所は以下のページでご案内しています。花が散る前に、ぜひお出かけください。

野老澤町造商店ところさわまちづくりしょうてん企画展「絵葉書から見る所澤飛行場の歴史」

平成29年4月5日(水曜)野老澤町造商店(まちぞう)

所沢が「航空発祥の地」であることをご存知ですか?
日本初の飛行場が開設され、記念すべき飛行場での日本初飛行は所沢で行われました。
それは、今から106年前の明治44年(1911年)4月5日。
わずか1分20秒ではありましたが、アンリ・ファルマン機が所沢の空を飛びました。

4月19日(水曜)まで開催中の野老澤町造商店の企画展は、飛行場の歴史を絵葉書で振り返ります。
4月15日(土曜)には、町の歴史の伝承人・三上 博史ひろし氏によるお話会も開催。
航空発祥の地・所沢をたっぷり体感することができます。

また、4月8日(土曜)・9日(日曜)は「航空発祥」がテーマの文化フェア
こちらにも足を運んでみてください!

野老澤町造商店
所沢市元町21番18号
午前10時から午後6時まで
木曜定休

(注釈)記事中の写真は、特別に許可を得て撮影しています。

発達障害啓発展示会

平成29年4月3日(月曜)こどもと福祉の未来館 ガレリア(1階ホール)

4月2日から8日までの「発達障害啓発週間」に合わせて、発達障害の支援に関わる保健、福祉、教育、就労などの行政機関や民間団体の活動を、パネルなどで紹介しています。
自閉症をはじめ、ADHDなどの発達障害とはどのようなものなのか、理解を深めていただこうと、展示のほか、相談コーナーやマルチメディアデイジー図書を紹介するコーナーも設けられています。
展示会は4月8日(土曜)午後3時まで。ぜひお立ち寄りください!

金仙寺こんせんじ桜まつり

平成29年4月2日(日曜)金仙寺

しだれ桜で有名な金仙寺で恒例の桜まつりが催されました。午前中は本堂で厳かに護摩法要、午後はステージで和太鼓・三味線の演奏が行われました。
昼頃から気温も上がり、ステージには多数の立ち見がでるほどの盛況に。住職のお話では、「近年で一番のにぎわい」ということで、多くの人が桜まつりを楽しみました。
撮影:市民カメラマン 由井 一雄

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る