このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

1月の出来事

更新日:2019年1月30日

北勝富士ほくとふじ関が地元所沢に凱旋

平成31年1月30日(水曜)市役所3階市長応接室

所沢市観光大使を務める北勝富士関が地元所沢に凱旋し、一月場所での活躍を市長に報告しました。
「序盤で体調を崩してしまったが、かえって開き直って、力まずに臨めたのがよかった。」と好調の理由を語った北勝富士関。相撲に励む所沢のこどもたちには、「国技である相撲に関われることを幸せに思い、家族や友達への思いやりを大切に」とエールを送りました。
所沢市初の三役力士誕生に大いに期待しましょう。頑張れ!北勝富士関!

北勝富士関の写真
頑張れ!北勝富士関!

所沢西高校と被災地の絆!大漁旗でマラソンを応援

平成31年1月28日(月曜)所沢西高等学校(北野新町)

東日本大震災の被災地を応援しようと、同校の生徒たちが自主的に始めたボランティア活動。
2014年からは、いわきサンシャインマラソンのボランティアとして、在校生、同校OBなど多くの有志が現地を訪れ絆を深めています。
この日、同マラソンの応援に使用する大漁旗の制作が始まりました。
同校が制作する大漁旗は、今年で6枚目。来たる2月10日(日曜)は、54人のボランティアとともにマラソン大会を盛り上げます!

見応えのある力作ぞろい!「ふれあい作品展」

平成31年1月28日(月曜)市役所1階市民ホール

市内の特別支援学級(31校)と所沢特別支援学校(1校)で学ぶ児童生徒492人の作品を展示する、ふれあい作品展が開催されました。
展示会場をところ狭しと埋め尽くした1,000点以上の作品たちは元気いっぱい。楽しみながら制作したことが、作品一つひとつから伝わってきます。
来場者は、紙粘土、陶器、木工品、編みぐるみなど、細部までしっかり作られた作品に見入っていました。

第17回こども「とうきち」将棋大会

平成31年1月27日(日曜)市役所8階大会議室

将棋が大好きな子どもたちが集う、こども「とうきち」将棋大会に約330人が参加!対局が始まると、会場内には保護者の立ち入りができなくなり、子どもたちだけの真剣な空気が場内を満たしました。1回40分の試合を4回戦まで行い、各チームの勝敗を集計。高学年部門と低学年部門の各部門の優勝チームが発表されました。優勝チームの子どもたちの胸には金メダルが輝きました。
撮影:市民カメラマン・佐藤清一郎

明るい選挙啓発ポスターコンクール表彰式

平成31年1月26日(土曜)所沢まちづくりセンター

明るい選挙啓発ポスターコンクールの表彰式が所沢まちづくりセンターで行われました。本コンクールの頂点、文部科学大臣・総務大臣賞を受賞した、県立芸術総合高等学校1年生の石崎紬音いしざきゆいさんをはじめ、市内の小学生から高校生までの95人が参加。会場内のスクリーンには受賞者の作品が映し出され、個性あふれるポスターを通して、それぞれが考える「選挙のコト」を感じることができました。
撮影:市民カメラマン・津田資雄

中央中学校「職場体験学習2日目」

平成31年1月25日(金曜)所沢市役所広報課・市内家電量販店

中央中学校の1年生の3人(田村さん、松本さん、五十峯さん)が職場体験学習にチャレンジ。2日目は市内の家電量販店で職場体験学習をしている同校の2人の生徒を取材し、以下の記事にまとめました。

市内の家電量販店で職場体験学習を取材!

今日は家電量販店で職場体験学習をしている2人の1年生を取材しました。2人とも学校にいるときは元気なのに、今日は表情が少しかたく、緊張しているのが良く分かりました。店員さんに優しく声をかけてもらいながら、広い店内で、床のモップがけや品出し、掲示物の張りかえに取り組んでいました。一番大変なのは大量の品出しとのことです。取材を終えて、お店には様々な仕事があって、働きがいがあると思いました。

所沢市農業祭表彰式

平成31年1月25日(金曜)市役所8階大会議室

安心・安全な所沢の食を支える生産者を表彰する「所沢市農業祭表彰」の式典を行いました。
今年は、総出品点数338点のうち90点が入賞し、78人の受賞者が埼玉県知事賞をはじめ、所沢市長賞、所沢市議会議長賞などを授与されました。
豊富な経験と確かな技術を生かし、所沢が誇る美味しい農畜産物を生産される皆様の日々の努力に感謝申し上げます。
受賞された皆様、おめでとうございます。

中央中学校「職場体験学習」

平成31年1月24日(木曜)所沢市役所広報課・所沢航空記念公園

中央中学校の1年生の3人(田村さん、松本さん、五十峯さん)が、広報課で2日間の職場体験学習にチャレンジ!
広報活動とカメラの基礎を学んだ後、「広報」の腕章を付けて、航空記念公園内の「ロウバイ園」を取材し、以下の記事を作成しました。
松本さんは、ひばりちゃんと「ひばりぽーと ひばりちゃん日和」を作成しています。

所沢航空記念公園のロウバイが見頃です

ロウバイ園では、約100本のロウバイが甘い香りを放ち、木々に鮮やかな黄色い花を咲かせた美しい景色を見ることができます。まだつぼみが少しありますが、日光に照らされた一つひとつの花は、まるで宝石のようです。今日は風が強く寒いなかでしたが、カメラを片手にロウバイの色と香りを楽しむ人が見られました。

おいしい野菜をいつもありがとう!牛沼小学校で招待給食

平成31年1月23日(水曜)牛沼小学校

市内の小・中学校の給食には、近隣農家が作った野菜が使われています。牛沼小学校では、日頃の感謝の気持ちを込めて招待給食会を開きました。栽培農家の皆さんを招き、一緒にテーブルを囲んで、給食を食べながら歓談しました。感謝のメッセージを込めたお礼の手紙を児童が贈ると、農家の方はお礼を述べるとともに、「今日ここに来ていない生産者の方への感謝も忘れずに、野菜をしっかり食べて大きくなってください」と応えました。

林小学校に「黒板アート」が出現

平成31年1月21日(月曜)林小学校

この日の朝、林小学校の児童を教室で迎えたのは、色とりどりのチョークで描かれた「黒板アート」。芸術総合高校の生徒56人が、前日の日曜日に約6時間かけて、1年生から6年生までの全16教室の黒板にアート作品を描きあげたものです。
「すごい!これ全部チョークで描いたの?」「あっちの教室も見に行こう!」と子どもたちは大興奮。絵を描くときのコツを教えてもらうなど、高校生と交流の時間もあり、心に残る一日になりました。

約300人が参加!淵の森の下草刈り

平成31年1月20日(日曜)淵の森緑地

柳瀬川を挟んで所沢市と東村山市の境にある淵の森。豊かな里山の面影を残すこの森で、恒例の下草刈りが行われました。中心団体の代表でもある宮崎駿さんをはじめ、全国から約300人が集まりました。参加者の中には台湾から来たという女性も!作業後は市民文化センターミューズによる「東京パイプバンド」の演奏が行われ、バグパイプの心地よい音色が淵の森に響きました。
撮影:市民カメラマン・浅見司郎

未来館のテミカフェ協力!マドレーヌ作り体験

平成31年1月19日(土曜)こどもと福祉の未来館

こどもと福祉の未来館内にあるテミカフェのスタッフの協力で、子どもたちと保護者がマドレーヌ作りを楽しみました。卵を割り、材料を型に流し込むまで、慣れない手つきで頑張る子どもたち。焼いてる間にテミカフェのマドレーヌもいただきました。自分のマドレーヌが焼き上がると、「おいしい~」と頬張る子どももいれば、大事に包んで持って帰る子も。頑張って作ったからこそ、おいしさも満点です♪
撮影:市民カメラマン・中村仁

市内5ロータリークラブ様から将棋の書籍等を寄贈いただきました

平成31年1月15日(火曜)市役所6階教育長室

所沢ロータリークラブ、新所沢ロータリークラブ、所沢西ロータリークラブ、所沢東ロータリークラブ、所沢中央ロータリークラブの市内5ロータリークラブ様から、子どもたちが将棋に気軽に親しめるようにと、市内の小学校に「マンガでわかる!楽しい子ども将棋入門」と「将棋駒と将棋盤マット」を寄贈いただきました。いただいた書籍等は小学校で子どもたちが「所沢の将棋の文化」を身近に感じられるよう活用させていただきます。

成人のつどい

平成31年1月14日(祝日)所沢まちづくりセンターほか

所沢市では、3,520人の新成人が"大人の仲間入り"。平成最後の成人式は、新成人の門出にふさわしい快晴の下行われました。晴れ着姿の新成人が集まると、「久しぶり~!」「変わってないね!」と再会を喜ぶ声があちらこちらで聞こえてきました。式典が始まると、新たな決意を胸に表情が引き締まる新成人たち。地域の先輩たちからは祝福の言葉が贈られました。
式典の後は、ゲームや抽選で盛り上がり、旧友と楽しいひと時を過ごしました。
撮影:市民カメラマン・遠井洋子、浅見司郎

より高く!より遠くへ!日仏交流折り紙ヒコーキ所沢大会

平成31年1月12日(土曜)市民体育館

今年は、フランスの航空教育団が来日して100周年。100年の歩みに思いを込めて、紙ヒコーキの滞空時間や距離を競う大会が開催されました。スタッフに紙ヒコーキの折り方や投げ方を教わった子どもたち。子どもたちの手から離陸し、「いけ~!」という掛け声を受けた紙ヒコーキは、ぐんぐん飛距離や滞空時間を伸ばしていきました。着陸し、記録が発表されると、会場からは拍手が送られました。
撮影:市民カメラマン・三平資郎

所沢の新春の風物詩「闘茶会」

平成31年1月9日(水曜)ベルヴィ・ザ・グラン(星の宮)

香りや色、味からお茶の産地を当てる新春恒例の「闘茶会」が開かれました。お茶の品質鑑定技術の向上を目的として所沢市茶業協会が開催したもので、46回目となる今回は、埼玉、静岡、三重、京都、鹿児島の荒茶について、産地を隠したまま、つやや色などの葉の外観審査を1回、煎じて飲む内質審査を3回実施して、正答数を競いました。生産者をはじめとする42人の審査員は、微妙に異なる味や香りを真剣に吟味していました。

新春のつどい

平成31年1月8日(火曜)くすのきホール

市長が一年の抱負を語り、参加者の方々が意見交換をし、交流を深める「所沢市新春のつどい」。今年は958人の市民の皆さんとともに新年の門出を祝いました。
藤本市長は、新年のあいさつで、『まちづくりは福祉のために、福祉は環境のために、そういう時代がやってきました。市民の皆様、幸せのものさしを少し変えて、人と人とのつながり、支え合いを意識して、一緒に力を合わせていこうではありませんか』と力強く語りました。

消防出初式

平成31年1月7日(月曜)所沢航空記念公園

冬晴れの青空の下、新春恒例の消防出初式が行われ、2000人の観客が来場しました。総勢500人以上の消防署員・消防団員による勇壮な徒列・車両分列行進や、一斉放水訓練などが披露されました。ヘリコプターによる救助訓練では、空を見上げながら迫力ある訓練に見入る観客の姿も。他にも、まといを先頭に子どもたちの行進や力強い和太鼓演奏など、盛りだくさんの行事となりました。
撮影:市民カメラマン・浅見司郎

久米水天宮のだるま市

平成31年1月5日(土曜)久米水天宮

毎年1月5日に行われる久米水天宮のだるま市。沿道に所狭しと並ぶ縁起物のだるまを求めて、今年も多くの人が訪れました。参拝の列は100mを超える盛況ぶり!だるま市に合わせて多くの出店もあり、会場は活気にあふれていました。
撮影:市民カメラマン・浅見司郎

TOD(所沢おもいやりドライブ)で思いやりのある運転を!

平成31年1月4日(金曜)市役所

市内の交通事故を減らすために、まず職員がお手本となって交通ルールやマナーを守り、市内に交通安全の意識を広めるための活動、T(所沢)O(おもいやり)D(ドライブ)を開始しました。横断歩道は歩行者優先、一時停止、法定速度の順守など、所沢を安全な街にするために、模範となる運転を心掛けます。初日のこの日、TODのマグネットが貼られた公用車が、気持ちを新たに市役所を出発しました。

市長年頭あいさつ

平成31年1月4日(金曜)市役所8階大会議室

仕事初めのこの日、年頭にあたり、藤本市長から『新たな1年の始まりです。そして、平成最後の新年となり、5月には新たな時代が始まります。自信とプライドをもって、「超親切に」「機を見て敏に」「120パーセントの力で」全職員一丸となって、これからも一緒に汗を流していきましょう』と職員に対し訓示を行いました。

所澤神明社の初詣

平成31年1月1日(祝日)所澤神明社

あけましておめでとうございます。古くから「お神明さま」として親しまれる所澤神明社の境内には、大晦日の夜から年明けを待ち望む参拝客の長い列が。日付が変わり新年を迎えるとすぐに、所澤神明社の名物、日本一早い熊手市がスタート!明りに照らされ、キラキラと輝くたくさんの熊手に囲まれながら、「手締め」と呼ばれる、威勢のいい掛け声や手拍子があちらこちらから聞こえ、境内は大賑わいでした。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る