このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

2月の出来事

更新日:2020年3月3日

所沢航空記念公園ではロウバイや河津桜が見頃を迎えました

令和2年2月27日(木曜) 所沢航空記念公園

寒さも少し和らぐ中、所沢航空記念公園では、ロウバイや河津桜が見頃を迎えました。淡い黄色の花をつけた木々が訪れた人たちを魅了し、ところどころでカメラを構える人やロウバイを背景に写真を撮る人の姿が見られました。また、園内の日本庭園茶室・彩翔亭では福寿草の花が、公園中央に展示されているC46A輸送機のそばでは河津桜が咲き、春の訪れを感じられました。

地域デビューを応援!市民活動見本市

令和2年2月27日(木曜)市役所1階市民ホール

市内で活動する市民活動団体が日頃の活動を紹介する「市民活動見本市」を開催しました。
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、活動メンバーによる説明や地域デビューに関する相談受付を急遽中止し、パネル展示のみの開催となりました。
残念ながら、例年より規模は小さくなってしまいましたが、華やかなゲートやそれぞれの団体お手製のパネル、動画による活動紹介もあり、来場した方はじっくりと見入っていました。

あちらこちらにひな人形が!野老澤雛物語

令和2年2月25日(火曜)中心市街地

県内有数のひな人形の産地として知られている所沢市。2月8日(土曜)から3月8日(日曜)まで園児が描いた約1,000点のひな祭りの絵や、江戸時代から現代までのひな人形が展示され、中心市街地一帯がひな祭りムードに染まります。野老澤町造商店では、手のひらサイズのうさぎのおひな様を作る講座を開催。色鮮やかな着物に身を包んだかわいらしいおひな様が完成しました。
撮影:市民カメラマン・浅見司郎

昔のくらし体験デー

令和2年2月23日(日曜)生涯学習推進センター

昔の所沢の暮らしと水の関わりを学べる「昔さがし展」で、「昔のくらし体験デー」が開催されました。昔懐かしい水を運ぶための天秤や井戸、洗濯板を体験した子どもたち。初めて見る道具に、「どうやって使うの?」と不思議そう。スタッフに支えられながら重たい天秤を担いだり、井戸のつるべを引いたり。「昔の人ってこんなに大変だったんだ!」と、今の便利な暮らしを改めて実感していました。
撮影:市民カメラマン・伊藤磨紀子

祝開通!「清流かわせみ橋」で渡り初め式典を開催

令和2年2月18日(火曜)清流かわせみ橋(下安松)

柳瀬川と空堀川、二つの川に囲まれた下安松地域の清流苑地区に、新柳瀬橋に次ぐ第二の橋が完成しました。
「清流かわせみ橋」という名称は、豊かで美しい自然環境に恵まれたこの地域で、時おりカワセミも見られることが由来です。
この橋の開通により、地域のみなさんにとって生活の利便性が向上するだけでなく、災害時の避難路を確保することができました。
開通を記念した式典には多くの地域の方が集まり、渡り初めを行いました。

所沢に世界チャンピオンが誕生!箕輪ひろばさんが市長を表敬訪問

令和2年2月18日(火曜)市役所3階市長応接室

総合格闘技の団体「修斗」のストロー級世界王者になった箕輪ひろばさんが、藤本市長を表敬訪問しました。
箕輪さんは所沢生まれで和田小、安松中の出身。中学のときは吹奏楽部に所属する一面も。父の勧めで小学6年生で格闘技を始め、高校2年生でプロデビュー。令和2年1月の13戦目にして、見事念願の世界王者になりました!
21歳の若き王者は、さらに高いレベルを目指して海外にも進出したい、と力強く語りました。

所沢西高校の生徒が被災地応援の大漁旗を作成

令和2年2月14日(金曜) 所沢西高校(北野新町)

2011年から続く、所沢西高校の東日本大震災の被災地支援ボランティア活動。
2月23日の「いわきサンシャインマラソン」を応援するための大漁旗の作成が、今年も行われました。
美術部を中心とした有志メンバー約20人が、「みんなのこころに江名魂」やボランティアチーム名「KSOV(高校最後の思い出にボランティア)」などのロゴとともに、カラフルなキャラクターや海を描いていました。
撮影:市民カメラマン・三平資郎
2月23日に予定されていた第11回いわきサンシャインマラソンは開催中止となりました。制作した大漁旗は、後日現地に送られます。

文部科学大臣・総務大臣賞、法務省人権擁護局長賞を受賞した南陵中学校の生徒たちが市長を表敬訪問

令和2年2月13日(木曜)市役所3階市長応接室

令和元年度明るい選挙啓発ポスターコンクールで「文部科学大臣・総務大臣賞」を受賞した、南陵中学校1年生の増田夕紀さんと第39回全国中学生人権作文コンテスト中央大会で「法務省人権擁護局長賞」を受賞した同校1年生の澤田桃佳さんが揃って市長を表敬訪問。「『明るい』を象徴する大きなひまわりを描きました」と増田さん。澤田さんは、実体験をもとに障害者差別について自分の思いを作文にしたためました。

市内のデイサービスで100歳のサプライズバースデー

令和2年2月12日(水曜) デイサービス「しあわせ花園」

花園のデイサービス「しあわせ花園」に通う利用者の方が、めでたく100歳の誕生日を迎えました。
これをお祝いして、職員さんたちが「おめでとう!」。
さらに、サプライズゲストとしてトコろんが登場し、ご本人はもちろん、他の利用者さんたちも大喜び!
思い出に残るすてきなサプライズバースデーになりました。

宿命のワイン対決再び…イタリアVSフランスVS日本

令和2年2月11日(祝日)グランエミオ所沢

所沢市がホストタウンに登録されているイタリアの食卓に欠かせないワインの試飲イベントが開催されました。
昨年度開催したワイン対決に日本を加えた3カ国のワインを、どの国のワインか分からない状態で飲み比べ。一番おいしいと思うワインに投票し、最も票を集めた国に投票した人の中から抽選でフルボトルワインをプレゼント。当選者は、「イタリアと所沢の関係をおいしく楽しく学べました」と頬を赤らめながら上機嫌でした。

「イタリア代表を応援しよう!」作品展

令和2年2月8日(土曜)から2月14日(金曜)まで 市役所1階市民ホール

イタリアのホストタウンに登録されている所沢市。大会直前には所沢市で事前キャンプを行う同国オリンピックチームにエールを送るため、市内の小・中学生が応援メッセージ作品を作りました。イタリアと日本の国旗が彩られたものやイタリア語でメッセージが書かれたものなど、創意工夫された小学生の作品。中学生は、「Ciao!」の一言を使ったビデオレターを作成。各校のオリジナリティー溢れる作品が揃いました。

昔の所沢の暮らしをのぞいてみよう!「昔さがし展」

令和2年2月7日(金曜)生涯学習推進センター(並木)

3月8日(日曜)まで開催中の「昔さがし展」。今年のテーマは「水とくらし」です。
水道がなく、水が貴重だった昔の所沢の人々の暮らしを、「農業と水」「くらしと水」「商業と水」など、コーナーごとの展示で体感できます。
圧巻は、本物そっくりに再現された井戸やかまど!市民学芸員の皆さんの力作です。
会期中の土・日曜は展示解説を実施。
実際に井戸のつるべをひいたりできる「昔のくらし体験デー」や関連講座も見逃せません。
ふるさと研究冬季企画展「昔さがし展~水とくらし~」開催中

所沢北高OGチアダンスチーム「CHEEKYS」が市長に全国大会出場を報告

令和2年2月6日(木曜)市役所3階市長応接室

広報ところざわ2月号はつらつところっこに登場した、所沢北高校OGチアダンスチーム「CHEEKYS」のメンバーが3月の全国大会に出場することを市長に報告しました。昨年11月の全日本チアダンス選手権大会8連覇に続き、次の大会でも優勝を目指すCHEEKYS。藤本市長は「市役所職員も所沢北高出身メンバーが多くいます。後輩たちの活躍を応援しているので、これからも頑張ってください」と激励しました。

地域の安全を一緒に守る!株式会社KADOKAWA・所沢警察署と地域安全に関する協定を締結

令和2年2月5日(水曜)市役所庁議室

株式会社KADOKAWA、所沢警察署、所沢市の三者が連携して所沢の地域安全を守る協定を締結しました。
本年7月に、株式会社KADOKAWAが運営するところざわサクラタウンがオープンするため、所沢を訪れる人が多くなることが見込まれます。
そこで、所沢市民や所沢に訪れるたくさんの人を犯罪や交通事故から守るため、三者で協力し、これまで以上に防犯や安全の推進に取り組むことを約束しました。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る