このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

6月の出来事

更新日:2019年7月4日

ちょいバル別館

令和元年6月26日(水曜)市役所別館前広場

所沢のお酒とグルメPRイベント「ちょいバル別館」を開催しました。会場には、ビール、日本酒、焼酎など地元のお酒はもちろん、所沢名物「焼だんご」や「所沢牛」、「醤油唐揚げ」といった、酒のお供に抜群の地産地消メニューが並びました。会場は、野外ならではの開放感に、ライブ演奏も相まって、多くの来場者で賑わいました。

トコろん雛人形がお目見え!

令和元年6月25日(火曜) 株式会社倉片人形(東新井町)

節句人形や羽子板などを販売する(株)倉片人形の従業員有志の皆さんが、所沢市の伝統工芸をPRするため、トコろん雛人形を制作しました。着物から冠、扇といった小物まで、通常の雛よりも大きなトコろん人形に合わせる苦労もあり、制作に丸3日かかりました。トコろん雛人形はイベント等での展示も検討中ですが、現在は同社のショールームで公開されていますので、是非ご覧ください。

スポーツで交流!所沢中央高校女子バレーボール部員が伸栄小でバレーボール指導

令和元年6月11日(火曜)・25日(火曜)伸栄小学校(中新井)

地域の中で、様々な世代の人とのふれあいや活動を体験することで、児童の人間性・社会性を育む「埼玉の子ども70万人体験活動」。その一環として、所沢中央高校女子バレーボール部員が伸栄小学校の5年生にバレーボールを指導しました。
1日目は、レシーブやトスなど基礎を練習し、2日目には試合形式で実戦での動きを体感しました。
子どもたちは、お手本を見せてくれる高校生を憧れのまなざしで見つめていました。

男女共同参画について楽しく学ぼう!「ふらっと祭り」

令和元年6月22日(土曜)・23日(日曜)男女共同参画推進センターふらっと(寿町)

6月23日から29日の「男女共同参画週間」にあわせ、「男女共同参『学』」「知る 学ぶ 考える 私の人生 私がつくる」をテーマに、今年も「ふらっと祭り」を開催しました。
当日は、毎年人気のスキンケア講座や親子で参加できる料理講座、トコろんとの撮影会など、大人も子どもも楽しめる企画が満載。
誰もが性別にかかわらず、自分らしく人生を楽しむ権利があるということを、楽しみながら学び、気付きのきっかけとすることができました。

カラフルなゆりを描こう♪ところざわのゆり園子ども写生大会

令和元年6月22日(土曜)・23日(日曜)ところざわのゆり園(上山口)

早咲きのゆりが見頃を迎えたところざわのゆり園で、子ども写生大会が初開催されました。
この週末は、あいにくのお天気。
それでもテントの下などで、お父さんお母さんに見守られながら、色とりどりに咲くゆりを真剣な表情で描くお子さんたちの姿が見られました。
自然豊かな森の中、一面に花が咲き広がるところざわのゆり園。
遅咲きの品種も開花を迎え始め、7月上旬頃まで楽しめるそうです。
撮影:市民カメラマン・遠井洋子

池をきれいに!菩提樹池のかいぼり

令和元年6月22日(土曜)菩提樹池(上山口)

狭山丘陵のほぼ中央に位置する菩提樹池周辺は、地元の自治会を中心とした保全活動により古き良き里山の姿を残すエリア。
今年も池の水を抜いて泥などを取り除く「かいぼり」が行われました。
地域住民や自然保護団体、行政、協力企業に学生や消防団員も加え、50人以上の参加者が集まって、普段は静かな里山がにぎやかに。
胴付き長靴に身を固め、ひざ上まで泥に埋まりながら重労働に汗を流しました。
撮影:市民カメラマン 佐藤清一郎

国登録有形文化財「秋田家住宅」特別公開!

令和元年6月16日(日曜)秋田家住宅(寿町)

幕末から明治・大正・昭和にわたり、織物の集散地として繁栄を誇った所沢。「秋田家住宅」は、綿糸商としてその繁栄を支えた商家・秋田家の建物で、国登録有形文化財です。大正時代に伏見宮貞愛さだなる親王の宿泊に用いられた離れや、絵入砂摺えいりすなずりガラスを用いた瀟洒しょうしゃな座敷など普段非公開の建物内部を公開しました。見学者から「所沢の歴史を知りました」「こんな建物が残っていたとは驚きです」などの声が寄せられました。

色とりどりのゆりが彩る♪ところざわのゆり園

令和元年6月13日(木曜)ところざわのゆり園(上山口)

約3万平方メートルの自然林に50種・約45万株が咲き誇るところざわのゆり園。早咲きのスカシユリが見ごろとなり、オレンジ・ピンク・黄色・白のゆりが会場一面に広がる園内は、カメラやスマートフォンを片手に散策しながら、ゆりを楽しむ来場者でにぎわっています。今年は6月22日(土曜)・23日(日曜)にこども写生大会を初開催!遅咲きの花もあるため、まだまだ楽しめそうです。
撮影:市民カメラマン・浅見司郎

学校給食でイタリアメニューを堪能!

令和元年6月13日(木曜)山口中学校

東京2020オリンピック大会ではイタリアのホストタウンに登録されている所沢市。6月2日のイタリア共和国建国記念日にちなみ、市内全小・中学校の給食でイタリアメニューの提供がスタート。初回のこの日、国旗をプリントしたコロッケ、国旗の3色に彩られたサラダ、ボロネーゼが提供されました。「先生が、イタリア選手が所沢に来るって言ってたね!」と、選手の来日を心待ちにしながら、イタリアの味覚を楽しみました。

熱闘!わんぱく相撲大会所沢場所

令和元年6月9日(日曜)市民体育館

市内29の小学校から521人のちびっこ力士たちが参加したわんぱく相撲大会所沢場所。個人戦と団体戦が行われ、今年も白熱した取組の数々が!真剣勝負に燃える子どもたちの表情に、観覧席から見ている保護者たちも応援に熱が入っていました。勝つ喜びと負ける悔しさ、この大会を通して子どもたちは多くのことを学んでいるようでした。
撮影:市民カメラマン・浅見司郎

歯と口の健康週間行事

令和元年6月9日(日曜)保健センター

6月4日~10日の「歯と口の健康週間」に合わせたイベントが今年も保健センターで行われ、多くの家族連れでにぎわいました。「虫歯はないかな~?」とドキドキの歯科検診や、わかりやすい口の模型を使った歯磨き指導などが大好評!子どもたちも、実際に歯ブラシを使って歯磨きの練習をしていました。
撮影:市民カメラマン・白須信一

北野天神社にワラと木で出来た神馬が登場!

令和元年6月6日(木曜)北野天神社

令和の幕開けを祝し、北野天神社には氏子の方々から奉納された、ワラと木で作られた馬「神馬(しんめ)」が展示されています。古くから、馬は神様の乗り物とされており、神社に祈願する際に馬が奉納され、それが現代の絵馬になっていったそうです。人と同じほどのサイズがあるこの「神馬」は、どなたでもご覧になれます。
※汚れ状況により展示終了

みんなのひろば

令和元年6月4日(火曜)林三丁目(林川沿い)

三ケ島13区自治会の「花と緑を守る会」の方々が丹精込めて育てた花々が今年もきれいに咲き始めました。今回は特に、土手一面に咲く松葉菊がきれいに咲いたそうです。
写真提供:「花と緑を守る会」山口清美会長

花の写真

所沢市無形民俗文化財指定50年!重松流祭囃子

令和元年6月2日(日曜) 所沢まちづくりセンター

決まった譜を持たず、口伝で教えていくのが特徴の重松流祭囃子。所沢市無形民俗文化財に指定されて50年を記念した大会が行われました。師匠の世代から子どもたちまで、各町の祭りとともに伝統芸能・文化として受け継がれてきた祭囃子を舞台で披露。子どもたち代表による百年宣言もあり、100周年に向けて、重松流祭囃子の次世代への継承を実感する大会となりました。
撮影:市民カメラマン・滝島利男

参加支部の集合写真
各支部の法被がかっこいい!

椿峰がつながる!つばきの森のマーケット

令和元年6月1日(土曜)椿峰中央公園(山口)

椿峰ニュータウンに住む人たちの新しいつながりの場を、と手作り好きのお母さんたちを中心に始まった「つばきの森のマーケット」。地域の皆さんお手製のフラッグが揺れる公園に、クラフトをはじめ、ワークショップやグルメ、お花、農産物などのカラフルなテントが並びました。鮮やかな緑の木々とインストルメンタルの心地よい音楽をバックに、お客さんたちが、お気に入りの雑貨を探したり、手作り体験を楽しんだりしていました。

水道週間キャンペーン

令和元年6月1日(土曜)グランエミオ所沢2階

見て知ってふれて水道水についてもっと理解を深めるため、水道週間(毎年6月1日~7日)に所沢市管工事業協同組合と共催でキャンペーンを行いました。「いつものむ いつもの水に 日々感謝」をスローガンに、水が各家庭に届くまでの道のりや水をきれいにする仕組みなど、楽しくやさしく水の魅力をPR。水に関する実験やクイズ、缶バッチづくりなどの各コーナーに多くの人が足を止め、家族連れを中心ににぎわいました。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る