野鳥における鳥インフルエンザについて

更新日:2018年5月7日

野鳥における鳥インフルエンザついて

野鳥における高病原性鳥インフルエンザにつきましては、環境省により監視活動を恒常的に行っています。
高病原性鳥インフルエンザ発生状況に応じて、環境省が対応レベルを設定します。
国内での病原性鳥インフルエンザの複数箇所の発生に伴い、令和2年11月5日以降、対応レベル3に設定されています。
渡り鳥が死亡している場合や、大量に野鳥が死亡している場合は検査が必要な場合もありますので、
検査が必要な野鳥の種類につきましては、県ホームページ(外部サイト)をご覧いただき、生活環境課までご連絡ください。

対応レベル 検査優先種1 検査優先種2 検査優先種3 その他の種
対応レベル1(通常時) 1羽以上 3羽以上 5羽以上 5羽以上
対応レベル2(国内単一箇所発生時) 1羽以上 2羽以上 5羽以上 5羽以上
対応レベル3(国内複数個所発生時) 1羽以上 1羽以上 3羽以上 5羽以上

死亡した野鳥を見つけたら

野鳥は細菌や寄生虫など鳥インフルエンザ以外の病原体を持っていることもあるため、死亡した野鳥は素手で触らず、下記連絡先までご連絡ください。

【死亡した野鳥を見つけた場合】
・東部クリーンセンター収集事務所
 電話:04-2946-5353
・西部クリーンセンター
 電話:04-2948-3141

【野鳥の大量死を見つけた場合】
・生活環境課
 電話:04-2998-9370

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 環境クリーン部 生活環境課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9370
FAX:04-2998-9195

a9370@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで