このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

重度心身障害児等医療費助成について

更新日:2017年6月9日

所沢市では、重度心身障害児等が病気などで医療機関にかかった時の医療費の一部を「所沢市重度心身障害児等の医療費の助成に関する条例」に基づいて対象者に助成しています。

医療費助成が受けられる方は・・・

平成27年1月から対象者が変わりました。

  1. 身体障害者手帳の1級、2級、3級のいずれかを所持している方
  2. 療育手帳の〇A(マルエー)、A、Bのいずれかを所持している方
  3. 精神障害者保健福祉手帳の1級を所持している方(ただし、精神疾患にかかる入院費用は対象外)
  4. 65歳以上で、埼玉県後期高齢者医療広域連合の定める下記の障害程度の状態(注釈1)と認定を受けた方、又は市長の認定を受けた方

注釈1:障害程度の状態とは

  • 精神障害者保健福祉手帳1級又は2級のどちらかを所持している方
  • 身体障害者手帳の4級(音声又は言語機能の著しい障害)を所持している方
  • 身体障害者手帳の4級(下肢障害の一部)を所持している方
  • 障害基礎年金1級又は2級のどちらかに該当している方

平成27年1月以降、65歳以上で初めて上記1から4のいずれかに該当する等級の手帳交付を受けた方は、対象外です。

すでに、この医療費助成制度の対象者であった方は、引き続き対象となります。
詳しくは、障害福祉課(重度医療担当)までお問い合わせください。

助成の「対象となる医療費」は・・・

病院、医院、歯科医院、薬局等でお支払いいただいた医療費のうち、保険診療分にかかる医療費(一部負担金)と、入院時の食事療養標準負担額の半額が対象になります。
ただし、高額療養費や付加給付金が保険組合等から給付される場合は、これらの金額を除き助成します。
なお、自費分の医療費や健康診断、予防接種、文書料、薬の容器代、入院時の差額室料やオムツ代、通院の際の交通費等は対象になりません。
また、交通事故等の第三者行為によるものや、学校等のケガで、日本スポーツ振興センター災害共済制度を利用する時は、助成対象とならない場合があります。

注意:平成27年1月以降、新たに精神障害者保健福祉手帳1級所持により対象者となった方は、精神疾患にかかる入院費用は対象外です。

医療費助成を受けるための「手続き」は・・・

始めに、資格登録のため「重度心身障害児等医療費受給資格登録申請書」を提出していただきます。
お持ちいただくもの

  • 健康保険証…対象者ご本人のお名前が記載されているもの
  • 金融機関の通帳…対象者ご本人名義のもの(本人口座に限ります)
  • 各種手帳等…身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳

登録申請については、代理の方でも申請が可能です。

医療機関で「診療を受けた場合」は・・・

医療機関でお支払いされた場合

「医療費交付申請書」の裏面に、医療機関の領収書(原本)を添付の上、ご申請ください。医療費の払い戻しが受けられます。
申請書は、障害福祉課窓口(郵送での申請可)または、市内各まちづくりセンター、市民課サービスコーナーでも提出ができます。

医療費交付申請書(様式)

市内の医療機関で無料で受診される場合

桃色の受給者証をお持ちの方は、市内医療機関(注釈2)にて一部負担金のお支払いなく医療を受けることができます。
医療機関の窓口にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 重度心身障害児等医療費受給者証
  • 印鑑(認印)

注釈2:市内の医療機関でも下記のような場合、一部負担金のお支払いが必要な場合があります。その場合は、お支払いいただき医療費交付申請書にてご申請をしてください。

  • 保険診療の一部負担金が、1ヶ月1医療機関で21,000円以上の場合
  • 特定疾病、特定疾患または自立支援医療等、他の公費を使って受診した場合
  • 西埼玉中央病院、防衛医科大学校病院、国立障害者リハビリテーション病院、その他窓口での支払い廃止を行っていない医療機関の場合
  • ご入院の場合
  • 白色の「重度心身障害児等医療費受給者証」をお持ちの場合

対象となる医療費から「除かれるもの」は・・・

保険組合等から高額療養費や付加給付金の給付を受ける場合は、これらの額を一部負担金から除いた金額を市から助成します。

  • 「高額療養費」・・・健康保険法や国民健康保険法等の法律によって、一定の医療費以上がかかった場合に、加入している健康保険組合等から給付されるものです。
  • 「付加給付金」・・・加入している健康保険組合等が独自に規約を設け、一定の医療費以上負担された場合に給付されるものです。
    付加給付金の制度がない健康保険組合もあります。
    (全国健康保険協会、国民健康保険、後期高齢者医療制度等)
    高額療養費と付加給付金については、後日、ご本人に給付されるものですので、各制度からの給付分と、医療費助成分が重複しないように、あらかじめ除いて支給しています。

申請の有効期間は・・・

医療費交付申請書による申請の有効期間(権利の消滅時効)は、医療費を支払った日の翌日から5年間です。ただし、療養費請求の時効は2年のため診療月の翌月以降お早めにご申請ください。

その他届出が必要な場合は・・・

登録内容に変更があった場合は、変更の届出が必要です。障害福祉課またはお近くの市内各まちづくりセンター(市民課サービスコーナーは除く)まで届出をお願いいたします。

  • お引越しされたとき
  • 保険証が変わったとき
  • 振込先口座を変えるとき

届出の際は、重度心身障害児等医療費受給者証と、変更内容が分かるもの(新しい保険証、預金通帳等)をお持ちください。

医療費助成資格内容変更届(様式)

お問い合わせ

所沢市 福祉部 障害福祉課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟1階
電話:04-2998-9116
FAX:04-2998-1147

a9116@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る