このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

私立幼稚園への入園・預かり保育について

更新日:2018年12月10日

所沢市内には私立幼稚園20園があり、従前制度のまま継続している幼稚園と、子ども・子育て支援新制度(以下「新制度」と言います)に移行した幼稚園があります。

※市外の私立幼稚園の新制度への移行状況につきましては、直接施設へお問い合わせください。なお、市外の私立幼稚園をご利用いただく場合も下記と同様のお手続きをしていただきます。

従前制度の幼稚園への入園について

 従前制度の幼稚園については、従来どおりの利用手続きにより、ご利用いただけます。
 各園の運営方針や入園手続き、保育料については、直接施設へお問い合わせください。
 なお、従前制度の私立幼稚園に入園された園児の保護者に対して、入園料・保育料を補助する制度(就園奨励費補助金)があります。詳しくは、「私立幼稚園にかかる補助金のご案内」をご覧ください。

私立幼稚園にかかる補助金のご案内のページへ

新制度の幼稚園への入園について

新制度に移行している幼稚園の入園手続きは、下のリンクでご案内しています。

新制度に移行した幼稚園

  • 新所沢富士幼稚園
  • 〒359-1111
  • 住所:所沢市緑町4丁目15番32号
  • 電話:04-2922-3856

平成30年度教育・保育施設・地域型保育利用のご案内

預かり保育について

 幼稚園では保護者の労働等の理由により、教育時間以外に預かり保育を実施しております。(一部の幼稚園を除く)
 保育時間や長期休業日(夏休み等)の保育実施日数については下のページで確認ができます。料金等については各施設へお問い合わせください。(預かり保育については、保護者の負担と市からの補助金で実施されています。)

よくある質問

新制度とは何ですか?

「子ども・子育て支援法」等に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく制度で、平成27年4月にスタートしました。

幼稚園の内容は変わりますか?

幼稚園における教育内容や教育時間等は大きく変わりません。なお、入園等の利用手続きが変わりますので、詳しくは上記リンク先「平成30年度教育・保育施設・地域型保育利用のご案内」をご覧ください。

幼稚園の保育料などの仕組みは変わりますか?

新制度では、幼稚園に支払う保育料が、保護者の所得に応じて市が定める負担額となります。これに加え、各園において、実費負担(教材費、通園費、給食費など)や上乗せ利用料(施設整備費、特定職員配置費、研修充実費など)が生じる場合があります。

新制度の保育料はどうなりますか?

国が定める上限額の範囲内で市が定めました。詳細は子ども・子育て支援制度の「保育料」等についてをご参照ください。

幼稚園に同時に通う第2子、第3子の保育料が軽減されると聞きましたが、どうなるのですか?

同一世帯から保育園に複数の子どもが通っている場合、第2子、第3子の保育料については従来から減免措置が取られています。幼稚園の場合も、同一世帯に小学校3年生以下の複数の子どもがいる場合、第2子、第3子が幼稚園に通っているときは同様の減免措置が行われています。なお、市町村民税所得割課税額771,00円以下(年収約360万円未満相当)世帯については、多子計算に係る年齢制限(小学校3年生を上限)を撤廃し、保育料の軽減措置が行われます。

ひとり親世帯等の保育料が軽減されると聞きましたが、どうなるのですか?

市町村民税所得割課税額77,100円以下(年収約360万円未満相当)の世帯のひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯等の子供について、保護者負担額の軽減措置が行われます。

お問い合わせ

所沢市 こども未来部 保育幼稚園課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟2階
電話:04-2998-9126
FAX:04-2998-9035

a9126@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る