課税床面積と登記床面積の違いについて

更新日:2021年4月8日

Q.購入したマンションの課税床面積が登記床面積と違っていますが、どうしてでしょうか。

A.マンションの場合、居宅や店舗等のように区分所有権の対象となる「専有部分」と屋内にある廊下、階段、エレベーターホールなどの「共用部分」とに分けられます。
登記簿に記載される各専有部分の床面積は、不動産登記法により内壁で囲まれた部分の水平床面積(壁内による床面積)により求められており、共用部分の床面積が含まれておりません。
これに対し、課税床面積は各専有床面積で按分した共用部分の床面積を加算しますので一般的に登記床面積よりも大きくなります。

お問い合わせ

所沢市 財務部 資産税課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟2階
電話:04-2998-9068
FAX:04-2998-9409

a9068@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで