ふるさと応援寄附(ふるさと納税)について

所沢市では、ふるさと所沢を応援してくださる皆さまからの「ふるさと応援寄附(ふるさと納税)」を受け付けております。いただいた寄附金は、福祉や教育、環境、文化など、所沢市のまちづくりに活用させていただきます。
皆さまの思いを、ぜひ所沢市へお寄せください。

※所沢市は、ふるさと納税の対象団体として総務大臣から指定を受けているため、本市への寄附は、税制上の特例控除を受けることができます。

※所沢市では、寄附に対する返礼品はご用意しておりません。予めご了承ください。

※「新型コロナウイルス感染症対策事業」の寄附募集は、令和2年10月31日で終了させていただきました。
 寄附件数は104件、寄付金額は3,300万7,000円で、今年度の下記の事業等に活用させていただきます。
 皆様のあたたかい応援、本当にありがとうございました。
  ・医療用マスク購入
  ・PCR検査センター用テント購入
  ・地域医療を維持するための感染症対策支援事業 【医療機関等への支援】
  ・所沢元気回復プロジェクト事業
   【音まち協力ミュージシャン・店舗等支援、伝統産業支援、商店街支援、プロスポーツチーム等との協働】

寄附をするには

寄附の方法は、銀行等や郵便局からのお振込、クレジットカード、現金書留などからお選びいただけます。

まずは所定の「寄附申込書」に記入の上、郵便、電子メール、ファックス、直接持参などにより、所沢市財政課へご提出ください。(ただし、クレジットカード決済等の場合は、インターネットからのお申し込みとなります。)

寄附金の活用方法は「特定事業」および「7つの分野」からご指定いただけます

いただいた寄附金は、所沢市が寄附金を活用して実施したいと考える「特定事業」および、さまざまな行政課題に対応するために行う「7つの分野」の事業の財源として活用させていただきます。

【特定事業】 文化財保存修理事業 ~未来へ遺そう! ふるさと所沢の宝~

所沢市内の貴重な文化財を保存・修理し、未来へ遺していくための事業です。
お寄せいただいた寄附金は、損傷や経年劣化による修理等の費用として活用させていただきます。
郷土の財産である文化財を守り、そして後世へと伝えていくため、皆さまのご支援・ご協力をぜひお願いいたします。

※特定事業への寄附をご希望の際は、寄附申込書の所定の欄にチェックを入れて事業をご指定ください。

寄附金を活用して行う「7つの分野」の事業

皆さまからいただいた「ふるさと応援寄附金」を、以下の7つの分野の関連事業に活用させていただきます。
寄附申込の際、「この分野に役立てて欲しい」という分野がありましたら、ぜひご指定ください。
※具体的な使い道は、寄附の募集状況等により毎年度変わります。
※各分野における具体的な活用方法を指定することはできませんので予めご了承ください。

なお、寄附先のご指定が特に無い場合は、以下の7つの分野に均等に割り振らせていただきます。

寄附金はこのようなことに活用されています

これまでのふるさと応援寄附活用事業

寄附金(ふるさと納税)の税控除について

平成27年1月以降、ふるさと納税に係る控除の上限額が約2倍に拡大されました!

  

寄附の公開について

寄附者の皆さまと、年度別の寄附件数及び寄附金額を公表しています。

いただいた寄附の実績を、所沢市の広報及びホームページで公表させていただいております。
ご希望により、ご住所・お名前を公表しないこともできますが、寄附金額は公表させていただきます。

寄附者に関する公表内容は、住所地(都道府県・市区町村名まで)、お名前(苗字のみ)、寄附金額となります。(法人等の場合は以下をご参照ください。)

<公表の例>
個人の寄附者様の場合「○○県△○町 □○様 金○円」
屋号をつけて寄附申込をされた個人の寄附者様の場合「○○県△○町 ☆○商店□○様 金○円」
法人の寄附者様の場合「△△県○○市○-□ 株式会社 ○□ 金○円」
公表を希望されない場合「匿名希望の寄附者様 金○円」

 

収納事務の委託・指定代理納付者の指定

インターネットを利用した寄附金に関して、関係法令の規定に基づき、民間事業者に収納事務の一部を委託し、また指定代理納付者を指定しています。
※告示文書ファイルは、公印省略しています。

ふるさと応援寄附をもっと知っていただくために

   ↓所沢市ではふるさと納税のPR動画を作成しました。ぜひご覧ください↓

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで