特集2 私はメタボリックシンドローム!?

更新日:2020年10月21日

 特集1では『メタボリックシンドロームとは、おなか周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満に加えて、高血圧、高血糖、高脂 血症をあわせ持った状態で動脈硬化を進行させます』とお伝えしました。ぽっこりお腹の脂肪は単にエネルギーの貯蔵庫 ではなく、生活習慣病と深い関わりのあることが分かっています。今回は、どのような時にメタボリックシンドロームと 診断されるのか具体的にお伝えします。まず、おなか周りの計測です。おなか周りを測るときは、立って力を抜き、軽く 息を吐いた状態で、胴のくびれたところではなくおへその高さで測りましょう。「男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上」の場合に、内臓脂肪型肥満と判断されます。

次に、おなか周りが基準値以上のかたで、この条件に加えて(1)血圧、(2)空腹時血糖、(3)中性脂肪/HDLコレステロールの3つのうち2つ以上の項目に該当するかたが、メタボリックシンドロームと診断されます。

診断基準をもとにチェック!

診断基準

条件1

男性:腹囲85センチメートル以上
女性:腹囲90センチメートル以上

条件2

次のうち2つ以上に該当。
(1)血圧
収縮期血圧130ミリエイチジー以上、または拡張期血圧85ミリエイチジー以上。
(2)空腹時血糖
110ミリグラム パー デシリットル以上。
(3)脂質
中性脂肪値が150ミリグラムパーデシリットル以上またはHDLコレステロール値が40ミリグラムパーデシリットル未満

  • 結果はいかがでしたか?もし、あてはまっていても、この段階で生活習慣を見直すことで、心臓病や脳卒中など動脈硬化に関連の深い病気から身を守ることができます。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康づくり支援課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1813
FAX:04-2995-1178

b9911813@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで