特集3 撃退! メタボリックシンドローム

更新日:2018年11月1日

 特集2では、『メタボリックシンドロームの診断基準』についてお伝えしました。メタボリックシンドロームは自覚症状 がないので、知らず知らずのうちに動脈硬化が進行します。そのため、年に一度は健康診断を受けて、診断基準に沿って 確認することをお勧めします。
 今回から、予防・改善法についてお伝えします。メタボリックシンドロームの"主犯"ともいえる内臓脂肪の蓄積は、 長年続けてきた不健康な生活習慣の積み重ねによって起こるとされています。まずは、自分の生活習慣を振り返ってみま しょう。

内臓脂肪をためやすい度チェック

  • 朝食を抜くことが多い    
  • 定期的に運動をする習慣がない
  • 夜遅い時間に食事することが多い    
  • 移動に車を使うことが多い
  • 間食をよくする    
  • 飲酒や喫煙の習慣がある
  • お腹いっぱい食べないと満足しない    
  • ストレスをためやすい

目標を決めて、はじめの一歩を踏み出そう!


 上の項目で当てはまる数が多い人は要注意です。この機会に運動や食事などの生活習慣を見直し、健康ですてきな体を手に入れましょう。内臓脂肪は皮下脂肪と比べてたまりやすいですが、減らしやすい特徴もあります。
 始めるときにはまず、「おなか周りを○センチメートル細くする」といった具体的な目標を作り、「着たい服が着られるようになりたい」など、達成後こうなりたいと思う目標も設定すると、がぜんやる気がでてきます。また、毎日の体重や腹囲、歩数などを記録すると自分のことがよくわかり、やる気も持続します。ぜひ、ノートなどに記録してみてください。

下記から、「撃退メタボリックシンドローム 目標達成シート・記録表」をプリントすることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康づくり支援課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1813
FAX:04-2995-1178

b9911813@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで