免除(納付猶予)申請・産前産後免除・学生納付特例申請のしかた

更新日:2021年4月1日

免除(納付猶予)申請

手続き先

  • 市役所市民課国民年金担当(市民課8番窓口)またはまちづくりセンター(並木まちづくりセンターは除く)
  • 市民課国民年金担当宛まで郵送
  • 年金事務所の窓口または郵送

新型コロナウィルス感染症の影響により、令和2年2月以降の収入が減少した方に向けた臨時特例による免除手続きが令和2年5月1日から開始されています。なお、手続き先(臨時特例)は市役所市民課国民年金担当(市民課8番窓口)または年金事務所の窓口です。いずれも郵送による申請も可能です。

※郵送による提出の際は、「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」から申請書をダウンロードしてください。申請書をダウンロードできない方は、市民課(国民年金担当)までお電話ください。(郵送で申請する際は、申請書の記載や添付書類等の不備がないようお願いします。)


 「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」のダウンロードはこちら

必要なもの

  • 年金手帳またはマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど)
  • 委任状(本人と同住所ではない代理人の場合)
  • 失業したことにより申請する場合は、離職票や雇用保険受給資格者証、退職辞令等の写し
  • 臨時特例により申請する場合は、令和2年2月以降に収入が減少したことの申立書(日本年金機構様式)

くわしくは臨時特例はこちらをご確認ください。

産前産後免除

手続き先

  • 市役所市民課国民年金担当(市民課8番窓口)またはまちづくりセンター(並木を除く)
  • 年金事務所の窓口

必要なもの

  • 年金手帳またはマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカードなど)

出産前に届出する方

  • 平成31年2月1日以降の出産予定日を明らかにすることができる書類(母子健康手帳、医療機関が発行した証明書など)
  • お届けは出産予定日の6カ月前からです。

出産後に届出する方

  • 所沢市在住で申請者本人と出生子が同世帯の場合は出産日が市で確認できるため原則不要
  • 申請者本人と出生子が別世帯の場合は出産日及び親子関係を明らかにする書類の添付が必要(戸籍謄本、戸籍記載事項証明書、出生届受理証明書、母子健康手帳、住民票、医療機関が発行した証明書など)

死産等の場合

  • 死産等の日及び親子関係を明らかにすることができる書類(死産証明書、死胎埋火葬許可証、母子健康手帳、医療機関が発行した証明書、戸籍謄本、住民票など)

学生納付特例申請

手続き先

  • 市役所市民課国民年金担当(市民課8番窓口)またはまちづくりセンター(並木まちづくりセンターは除く)
  • 日本年金機構の指定を受けた大学等(指定の有無は大学等でご確認ください。)
  • 市民課国民年金担当宛まで郵送
  • 年金事務所の窓口または郵送

新型コロナウィルス感染症の影響により、令和2年2月以降の収入が減少した方に向けた臨時特例による学生納付特例の申請手続きが令和2年5月1日から開始されています。なお、手続き先(臨時特例)は市役所市民課国民年金担当(市民課8番窓口)または年金事務所の窓口です。いずれも郵送による申請も可能です。

※郵送による提出の際は、「国民年金保険料学生納付特例申請書」から申請書をダウンロードしてください。申請書をダウンロードできない方は、市民課(国民年金担当)までお電話ください。(郵送で申請する場合は、申請書の記載や添付書類等の不備がないようお願いします。)


「国民年金保険料学生納付特例申請書」のダウンロードはこちら

必要なもの

  • 年金手帳またはマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど)
  • 学生証(コピーの場合は両面の写しが必要です)や在学証明書(原本のみ)など
  • 委任状(本人と同住所ではない代理人の場合)
  • 前年または前々年に就職していたときは、離職票や雇用保険受給資格者証、退職辞令の写しなど
  • 臨時特例により申請する場合は、令和2年2月以降に収入が減少したことの申立書(日本年金機構様式)

くわしくは臨時特例はこちらをご確認ください。

お問い合わせ

所沢市 市民部 市民課 国民年金担当
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9095
FAX:04-2998-9061

a9095@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで