「市長への手紙」によく寄せられるご意見とその回答 (ごみについて)

更新日:2021年8月2日

ごみの収集日を増やしてほしい。また、集積所のことでトラブルになるので戸別回収にしてほしい

お答え

当市では、ごみ分別の区分が10種類に分かれており、1か月の日程で見てもほぼ毎日ごみ収集が行われております。

また、年間約10万2,000トンのごみを処理するために約61億円という巨額の費用がかかっており、収集日程や、人件費、委託料をはじめとした処理費用の面から考慮いたしますと、ごみ収集回数をこれ以上増やすことは難しいのが現状です。

一時的に多量に発生する場合など、どうしても必要なときには、東西クリーンセンターや東所沢エコステーション(新聞・雑誌・雑がみ・段ボール、古着・古布等の資源物のみ持込可)で自己搬入等を受け付けておりますので、回収日と併せてご利用くださいますようお願いいたします。

戸別収集につきましては、分別の精度上昇の期待ができる、ごみの排出がしやすくなるといったメリットがございますが、約16万5,000世帯が住む市域全域で戸別収集を実施するためには、収集に必要な人員や車両を確保するために大幅な費用増加が想定されるとともに、収集車両の停車時間増加、回収時間の遅延、幅が狭い道路での収集などの課題もあります。

このため、現在は実施を予定しておりませんが、導入自治体の事例等を参考にするなど引き続き調査を続けてまいります。

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから