「市長への手紙」によく寄せられるご意見とその回答 (喫煙について)

更新日:2021年8月2日

歩きたばこをしている人が多く、路上喫煙禁止区域も守られていない。取り締まりを強化するなど改善して欲しい。また、喫煙所を移設または撤去してほしい

お答え

当市では、市民の喫煙マナー及び環境美化意識の向上を図り、安全で快適な生活環境を確保することを目的とした「所沢市歩きたばこ等の防止に関する条例」を施行しております。この条例は、市内全域屋外での道路や公園などの公共の場所では歩きたばこをしてはならないという努力義務、駅周辺など「路上喫煙禁止地区」に指定された地区での喫煙禁止を定めておりますが、各喫煙者の喫煙マナーに対する自覚促進を主目的としているため、違反者に対する罰則規定は設けておりません。

そこで条例の周知が重要と考え、広報ところざわ及び市のホームページへ掲載するとともに、年2回所沢駅前外7駅周辺において「歩きたばこ等の防止」に関する啓発キャンペーンを所沢市環境推進員連絡協議会と共催で実施しております。

また、「路上喫煙禁止地区」につきましては、地区内での喫煙やポイ捨て防止のために、道路上に路面シートで標示することで周知・啓発に努め、不定期ではありますが、職員によるパトロールでの声かけを行っております。

指定喫煙所につきましては、同条例に基づき、市が路上喫煙禁止地区を指定した区域に設置したものでございます。

これは、路上喫煙禁止の実効性を高めることやたばこのポイ捨て禁止のため、設けたものであり、灰皿を設置することでポイ捨て、路上喫煙禁止区域内の喫煙行為の防止に一定の効果があると考えております。

しかし、過去に移設、撤去の要望が多く寄せられたものにつきましては、歩行者の動線により影響の少ないところへ移設を行っております。
市民の皆さまの心身の健康を守るため、喫煙をする際の周囲の方への配慮や喫煙マナーの向上、受動喫煙による健康への悪影響について理解を深めていただけるよう、今後も周知や啓発に努めてまいります。

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから