このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

河川の状態がいつもと異なる(魚類の大量死、油類、着色等)のですが、市で対応してもらえますか。

更新日:2019年3月8日

お答えします

河川や水路に有害物質や汚水、油類等が流出すると、魚類の大量死や農作物への被害等大きな影響を及ぼす可能性があります。水質異常の際、所沢市では関係機関と連携し、現場調査を行い、有害性、危険性の有無の判断や必要に応じて汚染の拡大防止を行います。また、原因者の特定や適正な排水方法等の指導も行います。なお、原因者に対しては、法令等による罰則の適用や復旧費用を請求する場合があります。 

【水質異常を発見した場合】
流出した物質によっては危険も考えられます。むやみに近づかず、次の点にご注意の上、下記の連絡先(環境対策課)にご連絡ください。

いつ頃ですか?

河川の水質異常が発生、又は発見したのはいつ頃か教えてください。

どこですか?

地番、目印となる建物等が分かると迅速な対応につながりますので詳しい場所を教えてください。

どのような状況ですか?

魚が死んでいる、油が流れている、川が白く濁っているなどを教えてください。

どちらさまですか?

現場へ向かったものの詳細な位置が分からない場合や、 調査報告の為に、ご連絡させていただくことがあります。できるだけご連絡先を教えてください。

※見間違いやすい自然現象として土壌に広く存在している鉄バクテリアという生物の作用から起こる現象があります。鉄バクテリアが起こす自然現象は、河川に油が溜まった時と同じような色や形をしております。この油色の被膜(金気水(かなけみず))は、土壌に含まれる鉄分が溶け出し、バクテリアによって酸化されるために起こるものです。見分け方としては、金気水を枝等でつついた時に、金気水の膜が破れてしまうか、すぐにまた元に戻ってしまうかで判断します。

●金気水の膜が破れて元に戻らなかった場合
→その金気水は、鉄バクテリアが原因となる自然現象の可能性が高いです。この場合、油臭がしないのも特徴です。
●金気水の膜がすぐに元に戻ってしまう場合
→その金気水は、油が原因のものである可能性が高いです。
 油が原因の場合は、下記の連絡先までご連絡ください。

お問い合わせ

所沢市 環境クリーン部 環境対策課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9230
FAX:04-2998-9195

a9230@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る