このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

埼玉県西部地域まちづくり協議会(ダイアプラン)の協定等について

更新日:2016年4月1日

 埼玉県西部地域まちづくり協議会(通称:ダイアプラン)では、構成4市による様々な協定等を締結することで、圏域の住民サービスの向上と、相互の応援体制を確立しています。

ごみ処理の協力体制に関する実施協定(平成6年締結)

 構成市がそれぞれ管理する中間処理施設(ごみ焼却施設)に不慮の事故等により突発的に施設が停止するなど緊急事態等が発生し、ごみ処理について協力が必要となった場合に、ごみ処理の相互応援を行うため協定を締結しています。

市立図書館の相互利用に関する協定(平成7年締結)

 市民の自主的活動の場を拡充し、文化及び教養の向上に寄与することを目的としています。
構成市が設置する全ての図書館で利用できます(所沢市7館、飯能市4館、狭山市2館、入間市4館)。
利用については、各市の発行するカードでの登録が必要です。

公の施設の相互利用に関する協定(平成8年締結)

 構成市が設置する公の施設を構成市の住民が相互に同じ手続き、料金で利用できます。
 相互利用できる施設は、構成市が設置する文化施設、体育施設、福祉施設など59施設です。

※下記の「埼玉県西部地域まちづくり協議会(ダイアプラン)による公共施設の相互利用について」をご確認ください。

プログラム等の相互利用に関する協定(平成12年締結)

 構成市が相互利用できるプログラム等は、著作権法第10条第1項第9号に規定する著作物で、構成市が著作権を有し、無償で提供できるものを対象とし構成市がそれぞれ定めるプログラムです。
 なお、プログラムは、構成市における事務又は事業のため、直接使用する場合に限り、利用することができます。

人事交流事業(平成15年施行)

 構成市の職員の視野の拡大と資質の向上を図り、相互理解と協調体制の促進のため人事交流実施要綱を制定しました。
 なお、派遣の形態は、実務研修とし2年以内の期間としています。

4市合同自己宣言(平成20年移行)

 4市では、ISO14001・環境マネジメントシステムにおける内部環境監査の協働実施や内部環境監査員養成研修及びレベルアップ研修を実施してきました。
 次のステップとして各市のISO14001・環境マネジメントシステムについての国際規格適合の確認方法を「外部認証登録機関の審査を受け認証・登録」から「自らの責任で国際規格との適合を確認する自己宣言」とする全国初となる取り組みを4市合同で実施しました。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 経営企画課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9027
FAX:04-2994-0706

a9027@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る