このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

新制度の概要

更新日:2015年4月1日

新制度って何?何のための制度なの?

 今現在、急速な少子化の進行、待機児童問題、仕事と家庭の両立が難しい、子育ての孤立感と負担感の増加、子ども・子育て支援が質・量ともに不足、児童虐待問題の深刻化、放課後児童クラブの不足「小1の壁」、地域の実情に応じた提供対策が不十分など、子どもや子育てを取り巻く課題が様々あり、これらの課題を解決するために、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度(以下「新制度」といいます。)」が平成27年4月から本格スタートします。
 この新制度の実施のために、消費税増税に伴う増収分を活用し、子どもの年齢や親の就労状況に応じた多様な支援ができるよう「量の拡充」を、幼稚園や保育園などの職員の配置や処遇を改善することで子どもたちがより豊かに育っていける支援ができるよう「質の向上」を図っていきます。
 新制度の取組は、市が中心となって進めていきます。具体的には、すでに平成25年11月に実施させていただきました子育て家庭へのニーズ調査により、家庭状況や子育て支援に対するニーズを把握し、そのニーズなどを踏まえて計画的に幼稚園・保育園・認定こども園・地域型保育事業(以下「教育・保育施設等」といいます。)や地域の子ども・子育て支援に関する事業を整備し、実施していきます。都道府県や国は、市町村の取組を制度面、財政面などで支えていきます。
 市は、計画的に取組を進めるため、新制度が開始する平成27年度から平成31年度までの5年間を計画期間とする「子ども・子育て支援事業計画」を作ります。
 また市は、知識経験者、子育て支援団体関係者、保健福祉関係者、公募による子どもの保護者などで構成された「子ども・子育て会議」を設置し、事業計画策定の審議を行うとともに、策定後は継続的に点検・評価・見直しなどを行っていきます。

新制度で教育・保育は何がどう変わるの?

幼稚園、保育園、認定こども園のほか、地域型保育事業(少数の0歳から2歳までの子どもを預かる事業)を実施する施設などが主な教育・保育の場となります。

 ⇒詳しくは、「制度で利用できる教育・保育施設、地域型保育」のページをご覧ください。

教育・保育施設等の利用にあたっては、3つの認定区分(1~3号認定)に応じて、申込み方法などの利用の流れが変わります。

 ⇒詳しくは、下記ページをご覧ください。
 認定区分について:「必要な教育・保育の認定」のページはこちら
 利用の流れについて:「施設の利用の流れ」のページはこちら

保育園などで保育の提供を受ける場合には、保育の必要な事由が必要となりますが、これまでの事由より対象が広がりました(求職活動や就学など)。また、保育を必要とする時間に応じ「保育標準時間(11時間)」と「保育短時間(8時間)」のいずれかを選択することとなります。

 ⇒詳しくは、〔「2号~3号認定」を受けるには〕のページをご覧ください。

新制度は教育・保育以外の支援はあるの?

 新制度は、共働き家庭だけではなく、すべての子育て家庭を支援する仕組みであり、地域の様々な子育て支援を充実していきます。
 
 具体的には、下記の事業などを行っていきます。

利用者支援事業

 教育・保育施設等や地域の子ども・子育て支援に関する事業などの利用について、情報の集約や提供、利用にあたっての相談・助言などを行います。

放課後児童健全育成事業

 保護者が就労などにより昼間家庭にいない小学生の保育を行います。

乳児家庭全戸訪問事業

 生後4か月までの乳児のいるすべてのご家庭を訪問し、子育て支援に関する情報提供や養育環境などを把握します。

養育支援訪問事業

 養育支援が特に必要なご家庭を訪問し、養育に関する指導・助言等を行います。

地域子育て支援拠点事業

 身近なところで、気軽に親子の交流や子育ての相談ができる場所を確保します。

一時預かり事業

 急な用事や短期の就労など、子育て家庭の様々なニーズにあわせて、保育園やその他の場所で一時的に預かります。

ファミリー・サポート・センター事業

 子どもの預かり等の援助を受けることを希望する方と、援助を行うことを希望する方との相互に助け合う活動に関する連絡、調整を行います。

妊婦健康診査事業

 妊婦に対する健康診査として、健康状態の把握、検査計測、保健指導などを実施します。

新制度に関するQ&A

 ⇒詳しくは、「よくある質問 子ども・子育て支援新制度」をご覧ください。

新制度をより詳しく知りたい!

 新制度に関し、国においても情報を発信しています。
 ⇒詳しくは、「内閣府」のページをご覧ください。

お問い合わせ

所沢市 こども未来部 こども政策課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟2階
電話:04-2998-9415
FAX:04-2998-9035

a9415@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る