このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

指定管理者制度とは

更新日:2016年3月30日

指定管理者制度とは

 公の施設の管理運営については、地方自治法の改正(平成15年9月2日施行)によって、民間事業者も含めた幅広い団体なども指定を受けることで、管理運営を行うことができるようになりました。

制度の目的

 多様化する住民ニーズに、より効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の節減等を図ることを目的としています。

公の施設とは

 公の施設とは、住民の福祉を増進する目的をもって、その利用に供するために地方公共団体が設ける施設をいいます。具体的には、体育施設、文化施設、駐車場、自転車駐車場などがあげられます。

指定管理者に行わせる管理の業務

 指定管理者に行わせる管理運営業務については、各施設の設置目的、特性や運営形態に応じて設定します。
 指定管理者に使用許可を行わせることはできますが、使用料の強制徴収、不服申立てに対する決定、目的外使用許可等法令により地方公共団体の長のみが行うことができる権限については、指定管理者に行わせることができません。

指定管理者の選定方法

 指定管理者の選定方法は、原則として公募し、その中から選定することとしています。また、施設の特性や運営形態等により、公募によらず指定することがあります。具体的選定方法は、施設ごとに指定管理者選定委員会において審議し、指定管理者の候補者を選定します。

指定管理者による適正な管理の確保

 指定管理者は、毎年度終了後、当該公の施設の管理運営業務に関し、事業報告書を作成し、地方公共団体に提出しなければなりません。
 地方公共団体の長は、指定管理者に対して、当該管理の業務又は経理の状況に関し報告を求め、実地について調査し、又は必要な指示をすることができます。
 地方公共団体は、指定管理者による管理を継続することが適当でないと認めるときは、その指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部又は一部の停止を命じることができます。

ガイドライン

 所沢市は、指定管理者制度の導入及び運用に関する基本的な考え方や標準的な手続き等を定めた「指定管理者制度の導入及び運用に関するガイドライン」を作成し、ガイドラインに基づき、より適切な制度の運用を図っていきます。
 
 ガイドラインの内容は、以下からご覧いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 企画総務課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9046
FAX:04-2994-0706

a9046@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る