所沢市

尊桜の歌碑

更新日:2015年2月20日

 尊桜(みことざくら)の歌碑は、高さ約163センチメートル、幅約75センチメートルほどあり、材には根府川石を用いています。享和2年(1802年)、所沢の倉片孝順が北野天神社に建てたもので、所沢市内では最古の歌碑です。
 表面には、江戸の医師池谷紀廸が詠んだ和歌1首「そのかみや移しうへけんむさしのににゐばりやまの桜ひと木を」が刻まれ、裏面には歌碑建立の由来、池谷紀廸の人となりや尊桜(みことざくら)のいわれなどが記されています。
 社伝によると、北野天神社は日本武尊が東征の折、この地に至り清水を得て将兵の労を救われたので、物部天神と国渭地祇(くにいちぎ)神を祀ったのが始まりとされています。尊桜(みことざくら)は、日本武尊が社前に植えられたもので、当初から枯死とヒコバエを繰り返して、今に至っていると伝えます。
【指定年月日】昭和44年6月27日
【所在地】所沢市小手指元町三丁目28番地の44(北野天神社)

尊桜の歌碑の写真
尊桜の歌碑

北野天神社のご案内

所在地

所沢市小手指元町三丁目28番地の44

交通アクセス

西武池袋線「小手指駅」南口から西武バス(椿峰ニュータウン行き)「北野天神前」下車すぐ

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階

電話番号:04-2998-9253
ファクス:04-2998-9128

a9253@city.tokorozawa.lg.jp

市のトップへ戻る