燃料電池自動車(FCV)ってな~に?

更新日:2021年4月1日

ゼロカーボンシティ実現に向けた取り組みの一環として、交通分野の脱炭素化を推進するため、公用車としてFCVを導入しました。

FCVってどんな車?

Fuel Cell Vehicle(フューエルセルビークル):燃料電池自動車という車です。

燃料電池で水素と空気中の酸素を反応させて発電した電気で走ります。
走行時に二酸化炭素を排出しない、環境にやさしい車です。

水素と酸素が反応して発電し、水しか排出しないのが燃料電池の特徴です。
中学校3年生の理科の授業で習います。

FCVのいいところは?

  • 走行時に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を排出しないので、環境にやさしい
  • 燃料の充填時間が短く、走行可能距離が長い
  • 災害時などの非常用電源として使える
  • 低騒音で、乗り心地もよい
  • 国、市からの補助が受けられる可能性がある

 国の補助金について(外部サイト)
 市の補助金について

災害による停電時に活躍します

FCVは給電能力に優れており、一般家庭約5日分の電力を供給することができます。
市内で災害による停電が起こった場合には、FCVと同時に購入した外部給電器を使用して、非常用電源として避難所で使用します。

給電中

お問い合わせ

所沢市 環境クリーン部 マチごとエコタウン推進課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9133
FAX:04-2998-9394

a9133@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで