このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

膳棚遺跡

更新日:2017年8月31日

 膳棚ぜんだな遺跡は、縄文時代中期後半(約4,500年から4,000年前)の集落跡です。六ツ家川を南に臨む所沢台地上の標高80メートル~90メートルに立地し、東西約550メートル、南北約340メートルの広範囲に遺物の散布が認められています。
 昭和42年(1967年)、遺跡の西半分が山口団地の建設計画範囲になり、市内で初めての大規模な発掘調査が実施されました。
 発見された多数の住居跡や土坑群、土器・石器等の遺物は、縄文時代中期の文化や社会を研究する上で貴重な資料となりました。特に住居跡は重複・拡張されたものが多数確認され、この時代の人々が長期間この地に定住していたことがわかりました。また、出土土器の分析から土器の型式細分が試みられ、縄文式土器の研究を進展させることとなりました。
【指定年月日】昭和44年6月27日
【所在地】所沢市山口字膳棚

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9253
FAX:04-2998-9128

a9253@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る