このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

姉妹都市・常州市(中華人民共和国)

更新日:2018年7月9日

常州市〔じょうしゅう市〕中華人民共和国江蘇省

 常州市は、上海の西160キロメートル、南京との中間に位置し、人口約470万人の都市です。なお、面積は4375平方キロメートルです。

 2500年の歴史をもつ常州市は、北は長江(揚子江)に接し、南は太湖に近く、大運河が市内を貫流しています。常州市は古い歴史を持つとともに、新興都市でもあります。歴史をたどると約2500年前に“まち”が形成され、西晋時代から近代にいたるまでの1700年もの間、都・府として栄え、江蘇南部の政治、経済、文化の中心地として「三呉の重鎮、八邑の名都」と呼ばれています。
 また、皇帝15名、状元(科挙制度の成績が全国一位の人)9名、進士1333名等の名人輩出の地としても有名です。清朝末期の文学者であり、思想家であった龍自珍は、「天下名士が輩出する地といえば、東南には常州に比類するもの無し」と賛嘆の句を詠んでいます。
 清代の康煕帝、乾隆帝は、この歴史のまち常州にあこがれ、幾度となく訪れ、また北宋の文学者である蘇東波も常州を愛し、終焉の地としました。
 古く隋・唐の時代から織物が有名で、明朝以降は美術工芸品の“櫛(くし)”が特産となり、「くしのふるさと」とも呼ばれています。また、綿刺繍など工芸品を主な産業として栄えてきました。一方、近年は中国近代化の中で工業が盛んになり、紡績、軽工業、電子機械、化学工業などがめざましい発展を遂げています。気候は、温暖湿潤気候に属し、四季の区別もはっきりしており、年間平均気温は、14℃となります。
 所沢市と常州市との交流は、昭和60年(1985年)10月の所沢市日中友好都市調査団の訪問に始まりました。その後、約7年に及ぶ相互交流の成果として平成4年(1992年)4月20日、姉妹都市締結調印に至りました。近年の交流としては市民の訪問、行政・経済関係者の来訪など活発に行われています。
 常州市へは、成田から上海まで直行便で3時間、さらに鉄道で3時間ほどです。また、市の花はバラで、市の木はタイサンボクです。

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 市民部 文化芸術振興課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9211
FAX:04-2998-9491

a9211@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る