クアオルト健康ウオーキングとは

更新日:2018年10月29日

概要

山形県上山市をはじめ、全国で広まっている「クアオルト健康ウオーキング」が2019年から所沢市でも始まります。「クアオルト健康ウオーキング」の特色や効果を紹介します。

特色

ドイツのクアオルトで活用されている、気候性地形療法の手法やコースの基準を基本とし、日本の自然環境や気候に適合させ、路面の傾斜や変化、安全対策などに配慮した運動療法です。
気候性地形療法の特徴の一つは、個人の体力に合わせた運動リスクの少ないウオーキングで、運動負荷を心拍数(脈拍)の測定でコントロールします。
目標となる心拍数は、160-年齢で、運動負荷としては55~60%程度となり、全力の半分を少し超えた程度の強さで、苦しさが少ないものです。
もう一つのポイントは、運動中「やや冷える(運動時の体表面温度が運動前と比較して平均2度低くなる状態)」と感じる服装で行うと運動効果が高まるという医科学的な根拠(エビデンス)を活用し、汗を上手に気化させて体表面の温度を下げて運動することです。暑い場合は水を活用して強制的にやや冷える状態を誘います。
ドイツでは、心臓のリハビリ(心筋梗塞や狭心症のリハビリテーション)や高血圧、骨粗しょう症の治療などに利活用されています。
日本における気候性地形療法は、医療行為ではありませんが、様々な状態の方に対応した「健康づくり」として実施されています。

想定されるクアオルト健康ウオーキングの効用

・生活習慣病の予防(高血圧、高血糖、高脂血症等)
・認知症の予防
・ロコモティブシンドロームの予防
・メンタルヘルスの改善
上記等の改善を通じた、健康寿命の延伸への効果が想定されます。

所沢市が目指すもの

人と自然が共生するまち”エコタウン所沢”だからこそできる、ヘルスツーリズム産業の創出を目指します。
街中にみどりがあふれ、そこに人々が集い、思わず歩きたくなる、自然と調和した安全で住みよいまち所沢ならではの、クアオルト健康ウオーキングを「産・官・学・医」の連携により推進していきます。

コース

都心近郊に立地しながら、市民の方々が大切に守られてきた自然の中を楽しむコースをご用意しております。
・狭山丘陵いきものふれいあいの里センター(荒幡782)


いきものふれあいの里センターコース内のイメージ

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 産業経済部 商業観光課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 市役所別館
電話:04-2998-9155
FAX:04-2998-9162

a9155@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで