このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

秋田家住宅店舗兼主屋・土蔵・離れ・門及び塀

更新日:2016年2月25日

秋田家住宅の概要と登録理由

 秋田家は屋号を「井筒屋いづつや」といい、所沢の織物産業の発展を支えた綿糸商でした。初代の伊左衛門は、文政9年(1826)に所沢市上安松の秋田音松の次男として生まれ、分家して当地で商いを始め、2代目の伊三郎とともに事業を拡大したといわれています。
 秋田家住宅は、所沢市寿町の銀座通りに南面して店舗を構える商家の建物で、奥に細長い短冊状の敷地に、店舗兼主屋、土蔵、離れが続けて建てられ、土蔵の裏にある座敷の庭は門と塀に囲まれています。
 綿糸商当時の屋敷構えがそのまま残され、明治から大正時代の所沢における商店の面影をよく伝えていることから、「国土の歴史的景観に寄与しているもの」に該当するとして、文化財登録原簿に登録されました。
 なお、この建造物は個人所有であり、現在一般公開は行っておりませんが、銀座通りから外観のみご覧いただけます。

【登録年月日】平成28年2月25日

秋田家住宅あきたけじゅうたく店舗てんぽけん主屋しゅおく

(1)員数 1棟
(2)所在の場所 所沢市寿町527
(3)構造・形式 木造2階建、瓦葺、建築面積112平方メートル
(4)年代 明治後期
(5)主な特徴
 1階前半部の店の開口を広めて格子戸をたてる。切妻造の2階を東に寄せ、上下階とも出桁造だしげたづくりで軒先まで銅板を張り防火を講じる特徴的な外観をもつ。2階には瀟洒しょうしゃな造作の座敷を設け織物業で栄えた所沢のまちばの面影を伝える。

秋田家住宅あきたけじゅうたく土蔵どぞう

(1)員数 1棟
(2)所在の場所 所沢市寿町527
(3)構造・形式 土蔵造2階建、瓦葺、建築面積41平方メートル
(4)年代 明治15年
(5)主な特徴
 店舗兼主屋の北西側に一体化して建つ。
 土蔵造2階建、桁行9.1メートル、梁間4.5メートル、切妻造桟瓦葺で、店舗と廊下側の戸口に、いずれも黒漆喰塗の重厚な扉を開き、2階窓の庇周りでは店舗同様に木部を銅板張とする。店舗と共に、商家の構えを示す。

秋田家住宅あきたけじゅうたくはな

(1)員数 1棟
(2)所在の場所 所沢市寿町527
(3)構造・形式 木造平屋建、瓦葺、建築面積35平方メートル
(4)年代 明治後期
(5)主な特徴
 土蔵の北側に建つ桟瓦葺の平屋建で、8畳の主室と次の間に縁を廻らせる。主室は座敷飾りを備え、床柱などに良材を用い、堅実な仕上げの書院とする。かねの手に廻る縁は、ガラス戸をたて、組子のガラス欄間を飾るなど、気品のある造作になっている。大正元年11月の陸軍特別大演習の際、伏見宮さだなる親王が宿泊された。

秋田家住宅あきたけじゅうたくもんおよへい

(1)員数 1棟
(2)所在の場所 所沢市寿町527-2
(3)構造・形式 門:木造、瓦葺、間口1.6メートル 塀:木造、瓦葺、総延長9.7メートル
(4)年代 明治後期
(5)主な特徴
 離れの主室前に構える門と両側にのびる塀。門は一間腕木門うでぎもん、切妻造桟瓦葺で、内開きの桟唐戸に家紋と木瓜もっこう枠を飾る。塀は上部に格子窓を配して腰を簓子ささらこ下見したみ板張いたばりとし、北半は敷地の形状に合わせて高低差をつくる。

関連リンク

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9253
FAX:04-2998-9128

a9253@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国の登録有形文化財

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る