航空発祥の地・所沢

更新日:2024年1月26日

所沢はなぜ「日本の航空発祥の地」と言われているのか。
所沢飛行場やフランス航空教育団などについて紹介します。

2月に映画上映会・講演会を開催します。詳しくは「映画上映情報はこちら!」から

日本初の飛行場ができた!

「所沢って、どんなところ?」
(1)首都・東京に近い
(2)交通の便が良い
(3)落雷が少ない
(4)地形が平坦
 これらはみな、飛行場に適した立地条件に当てはまります。ライト兄弟が人類初の有人動力飛行に成功してから、わずか8年後の1911年、所沢に日本初の飛行場ができたのは、これらの理由からでした。
 飛行場があったのは、現在の所沢航空記念公園などがある一帯。気象観測所や格納庫、操縦士や技術者を育成する学校などが建てられました。
 日本の航空史が始まった所沢。所沢飛行場を舞台に、数々の記念すべき記録が刻まれていきました。
・徳川好敏大尉が操縦するフランス製のアンリ・ファルマン機が日本で初めて、飛行場での飛行に成功
・国産飛行機による最初の飛行
・所沢飛行場で造られた飛行船「雄飛号」が、所沢から大阪までを初飛行
こうして、所沢は「日本の航空発祥の地」と呼ばれるようになったのです。

フランス航空教育団がやってきた!

 当時、世界一の航空技術を持っていたのが、フランスでした。
 フランスから飛行機を購入した日本は、航空技術を学ぶために協力を依頼。それに応えて、1919年フランスから航空教育団が来日しました。
 フランス航空教育団を率いていたのが、フォール大佐です。当時第1級の操縦士として知られていたフォール大佐は、優秀な教育者として、日本各地で航空技術の指導にあたり、所沢では飛行機製作などを教えました。
 日本の航空技術を飛躍的に押し上げたフォール大佐の功績を称えて、所沢航空記念公園内に胸像が設置されています。

フランス航空教育団来日100周年記念イベント

 2019年フランス航空教育団100周年を記念するイベントが、所沢航空記念公園で開催されました。
航空教育団の名前が刻まれていたフォール大佐像のプレート。第二次世界大戦中に取り外され、後に別の物が掛けられていましたが、航空教育団来日100周年を記念して、在日フランス大使館とフランス航空宇宙工業会(GIFAS ジーファス)からオリジナルを復元したプレートが贈呈され、建立当時の姿を取り戻すことになりました。
 航空技術を伝えるために、来日したフランス航空教育団の子孫と、教えを受けた日本人の子孫が対面しました。日本人の子孫の一人として、お父様が指導を受けた漫画家・松本零士さんも式典に参加しました。

航空発祥の地・所沢の上空をフランスと日本の両国の航空機が飛行しました!

2023年7月28日(金曜)、所沢航空記念公園にて多くの方が空を見上げる中、フランスと日本の両国の航空機がフライバイ(航過飛行)を行いました。

アンリ・ファルマン氏の子孫にデザインマンホールを贈呈しました!

日本そして所沢飛行場で、初めて動力飛行に成功したアンリ・ファルマン機を設計した、アンリ・ファルマン氏の子孫(孫)であるピエール・ファルマン氏には、短編映画「飛行場の町~所沢からはじまる物語~」に出演いただくなど映画製作において、多大なるご協力をいただきました。そんなピエール・ファルマン氏へ、感謝と今後のフランスとの更なる友好の想いを込めて、アンリ・ファルマン機を中心に市の木「いちょう」市の花「茶の花」市の鳥「ひばり」がデザインされたマンホールを贈呈いたしました。
贈呈式では、パリ在住のピエール・ファルマン氏の代理として、在日フランス商工会議所理事であるクリスチャン・ポラック氏にお越しいただき、ピエール・ファルマン氏にはオンラインで出席いただきました。

「フランス航空教育団と日仏交流」次の100年事業                                                短編映画『飛行場のまち 所沢からはじまる物語』

 この度所沢市は、次の100年の絆に向けて、「航空発祥の地 所沢」を市内外にPRするとともに、所沢における航空の歴史を伝えるため短編映画を制作しました。
 小学生の少年を主人公に、航空の歴史や所沢とフランスの絆を巡るファンタジー作品で、フランス航空教育団やアンリ・ファルマン氏の子孫などのインタビューシーンも盛り込まれ、所沢航空記念公園や所沢航空発祥記念館、割烹美好、旭橋など所沢市内各地のほか、パリ、トゥールーズなどフランスでのロケも行われました。

オードリー・春日氏によるPR動画

短編映画『飛行場のまち 所沢からはじまる物語』 予告編

短編映画『飛行場のまち 所沢からはじまる物語』上映情報

新所沢まちづくりセンターにて上映会と講演会を開催(無料)

新所沢まちづくりセンターにて上映会と講演会を開催します。
参加費:無料(事前申込制)
募集人数:200名
申込方法:電話または電子申請(令和6年1月4日(水)8時30分申込受付開始)
申込締切:令和6年1月31日(水)
※席に余裕がある場合には締切後であっても申込可能ですので、
 ご興味ありましたら商業観光課までお問い合わせください。
開催日:令和6年2月7日(水曜)
場所:新所沢まちづくりセンター ホール
住所:所沢市緑町一丁目8-3
開催時間:14時00分から16時00分まで
受付開始:13時30分から

【タイムスケジュール】
14時00分 開会
14時05分 映画上映
14時50分 休憩
15時00分 講演会(講演内容:日仏交流の歴史について)
15時45分 質疑応答
16時00分 終了


チラシ画像

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 産業経済部 商業観光課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 市役所別館
電話:04-2998-9155
FAX:04-2998-9162

a9155@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから