このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

2.マタニティーブルーってなあに?~ひとりでがんばらないで~

更新日:2014年7月23日

マタニティーブルーってなあに?

産後3から10日目くらいから、わけもなく涙がでたり、気持ちが落ち込んだり、イライラしたり等の変化がおきますが、通常1から2週間で自然に治まります。マタニティーブルーは、一時的な気分の変動で、病気ではありません。産後に約8割のお母さんが経験します。
妊娠中に盛んだったホルモンの分泌が、出産後急激に減ります。その変化に体が戸惑っているところへ、授乳による睡眠不足、慣れない赤ちゃんのお世話による疲れ、赤ちゃんを育てるプレッシャーなどが追い討ちをかけ、気分が落ちこんでしまうのです。

⇒こころの体温計「赤ちゃんママモード」でチェック!

ママと赤ちゃん

がんばりすぎないで、上手に手抜き・息抜きしましょう!

  • まずはからだを休めましょう。
  • 家事も育児もほどほどを心がけましょう。
  • “今できなくても時間がたてばできるようになる”とポジティブな考えを持つようにしましょう。1から2か月ほどたてば、赤ちゃんのいる暮らしになれて、自分なりのペースが見つかります。
  • 短くてもいいから自分のリラックス時間をつくりましょう。
  • 1人で背負い込まずに、夫や家族、サービス等に助けてもらいましょう。

⇒こどもを預けたい(ママフレサイト)

こんなときは相談しよう!

食欲がない、眠れない、赤ちゃんのお世話がおっくうになる等の症状が2週間以上続いたり、症状がひどくなっていくような場合は、「産後うつ病」かもしれません。
マタニティブルーを経験したお母さんの約1割程度が、産後うつ病になるとも言われています。多くは産後3から6か月以内に生じます。早めに治療を受けて、軽いうちに治すことが何より大切です。「いつもと様子が違う」と周囲が気づく場合もあります。
1人で悩まず、早めに、まずは産婦人科や小児科医、または専門医(心療内科や精神科等)に相談しましょう。
また、概ね生後2か月の乳児がいるすべての家庭に、助産師や保健師、看護師が、新生児訪問やこんにちは赤ちゃん訪問に伺います。そのときにご相談することもできます。

⇒相談したい(ママフレサイト)

⇒新生児訪問、こんにちは赤ちゃん訪問って?(ママフレサイト)

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 保健センター健康づくり支援課
住所:〒359-0025 所沢市上安松1224番地の1
電話:04-2991-1813
FAX:04-2995-1178

b9911813@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る