このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者医療制度 限度額適用・標準負担額減額認定証について

更新日:2016年2月5日

 後期高齢者医療被保険者の方が、市民税非課税の世帯に属している場合、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提示することで、入院したときの負担が軽減されます。
 該当する方で、現在入院している方、またはこれから入院を予定している方は、認定証の申請手続きができます。申請した月の初日から適用され、毎年8月に更新が必要です。

認定証の申請の際にお持ちいただくもの

・該当者の後期高齢者医療被保険者証
※代理申請の場合は、代理人の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)をお持ちください。

入院時の食事代について

1食あたりの負担額は、次のとおりです。

世帯全員が非課税の場合

  • 90日までの入院は1食につき210円
  • 91日目からは1食につき160円(非課税世帯該当後過去1年間の入院日数が91日以上で、認定を受けた方) 

※過去1年間に90日以上の入院をした方は、認定証の申請の際、入院した病院の領収書もお持ちください。

世帯全員が非課税で、さらに所得がない場合(年金収入の場合は収入が80万円以下)

1食につき100円

入院時の一部負担金について

1つの医療機関における当該月の負担上限は、次のとおりです。

世帯全員が非課税の場合

24,600円

世帯全員が非課税で、さらに所得がない場合(年金収入の場合は収入が80万円以下)

15,000円

平成24年4月1日より市民税非課税世帯の方の「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」が外来診療にも適用されます

 高額な医療費がかかる場合に窓口負担を高額療養費の自己負担限度額までにとどめるための「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」が、平成24年4月1日診療分より入院診療に限らず「外来診療」でも適用されることとなりました。これにより、市民税非課税世帯の方が、外来診療の際に「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すれば、一ヶ月で一医療機関につき自己負担限度額(8000円)を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 国民健康保険課 後期高齢者医療担当
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9218
FAX:04-2998-9061

a9218@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る