このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

退職したときの国民年金の手続き

更新日:2016年7月1日

手続き

 退職等により、厚生年金や共済組合から抜けたときは、国民年金第1号被保険者への加入手続きが必要です。また、扶養している配偶者がいるときには、配偶者の第3号被保険者から第1号被保険者への変更手続も必要になります。
 ただし、20歳未満の人、60歳以上の人は、国民年金への加入義務がありませんので手続き不要です。
 また、ご自身の退職と同時に第2号被保険者である配偶者の扶養に入るときは、配偶者の勤務先から第3号被保険者への該当届出を行いますので、市役所での手続きは不要です。

手続き先

  市役所市民課(8番国民年金窓口)

必要なもの

  • 年金手帳
  • 扶養している配偶者がいるときは、配偶者の年金手帳
  • 退職日が確認できる書類(離職票、退職証明書、社会保険資格喪失証明書、雇用保険受給資格者証、退職辞令など)

 ※転職の場合であっても、厚生年金(共済組合)に加入していない期間があると、その期間国民年金を納めていただくことがあります。
   詳しくは、市民課(国民年金担当)にお問合せください。

失業により保険料を納めることが難しいとき

 保険料を納めることが難しいときには、保険料の免除制度があります。ただし、年金事務所において、申請者、配偶者、世帯主の前年の所得審査がありますので、認められないこともあります。50歳未満の方には、申請者と配偶者の所得のみを審査する納付猶予制度もあります。

手続き先

  市役所市民課(8番国民年金窓口)またはまちづくりセンター(並木まちづくりセンターは除く)

必要なもの

  • 年金手帳
  • 失業したことが確認できる「離職票」や「雇用保険受給資格者証」など
  • 1月1日以降に転入してきた方は、前年所得の状況を確認できる書類(源泉徴収票や課税証明書等)

第1号被保険者とは
 自営業や学生など、国民年金保険料を自分で納める方です
第2号被保険者とは
 厚生年金や共済組合に加入し、国民年金保険料が給料から引かれている方です
第3号被保険者とは
 厚生年金や共済組合加入者(第2号被保険者)に扶養されている配偶者で、届出することにより、国民年金保険料を負担する必要がない方です

お問い合わせ

所沢市 市民部 市民課 国民年金担当
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9095
FAX:04-2998-9061

a9095@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで


以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る