このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

病院・お薬との上手なかかわり方(健幸長寿のために)

更新日:2016年10月3日

現在、医療費は増加の一途をたどっています。皆様が病気やケガをした場合、医療機関に被保険者証を提示することで、医療費の一部(1割から3割)を負担されていますが、残りの医療費(7割から9割)は、所沢市国民健康保険が負担しています。医療費の財源は、皆さまが納める保険税等で賄われています。この支え合いを持続的なものとしていくためにも、適正受診などについて、さらなる皆さまのご協力をお願いいたします。

トコろん

かかりつけ医を持ちましょう!

身近で信頼できる「かかりつけ医」を持ちましょう。自分や家族の病歴等を把握してくれていて、日々の健康管理のアドバイスもしてくれます。また、専門的な治療等が必要になった場合は、大病院や専門医を紹介してくれます。

かかりつけ薬局を持ちましょう!

かかりつけ薬局とは、処方箋をもらったら、必ずそこで調剤してもらうと決めている調剤薬局のことです。服用する薬を1つの薬局で管理してもらうことで、薬の重複や飲み合わせなどをチェックしてもらえます。また、薬の使用記録を残しておくことで、過去の副作用の有無なども確認でき、薬を安全に服用できます。長く利用する薬局を1つ選んでおきましょう。

診療時間内に受診しましょう!

休日や夜間の受診は、医療費が高く設定されているため、窓口負担も高くなります。急病などのやむを得ない場合を除き、診療時間内に受診しましょう。
※お子さまの体調等で心配なときは、電話相談もできます。
小児救急電話相談「#8000」(ダイヤル回線・IP電話・ひかり電話・PHSは電話:048-833-7911)

※大人の方の電話相談もございます。
大人の救急電話相談「#7000」(ダイヤル回線・IP電話・PHSは電話:048-824-4199)

重複受診はやめましょう!

医療機関を紹介なく変更すると、その都度初診料がかかります。また、医療機関が変わるたびに何度も検査や処置・投薬などを受けると、体にも負担がかかります。複数の医療機関で重複受診するのではなく、まずは、かかりつけ医に相談しましょう。

ジェネリック医薬品を活用しましょう!

医師に処方される薬には、先発医薬品とジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、特許の切れた先発医薬品と同じ成分で製造・販売されている薬です。先発医薬品と効果が同様なうえ、開発費を抑えることができるため、その分価格が安くなる場合があります。医師や薬剤師に相談のうえ、ご活用をぜひご検討ください。

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 国民健康保険課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9131
FAX:04-2998-9061

a9131@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る