このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

特定健診・特定保健指導について

更新日:2018年4月1日

平成30年度は平成30年6月より実施予定です。詳細は決まり次第お知らせします。

所沢市国民健康保険では40歳から74歳までの方を対象にした「特定健康診査(特定健診)」と、その結果に基づいた「特定保健指導」を行なっています。特定健診と特定保健指導は、近年増加の一途をたどる生活習慣病、とりわけ内臓脂肪症候群を予防するための、皆様の健康づくりを支援するものです。

年に1回健診を受けて健康管理を!

特定健診について

年に1回、対象の方には国民健康保険課から「特定健康診査受診券」をお送りします。受診券には有効期限がありますので、ご注意ください。受診券、国民健康保険被保険者証、及び自己負担額800円(胸部エックス線検査希望の方は追加自己負担200円)をお持ちのうえ、指定の医療機関において受診いただけます。なお、医療機関によっては事前予約が必要となりますので、ご確認願います。
詳細につきましては、受診券送付の際に同封の「特定健康診査(特定健診)のご案内」をご覧いただくか、国民健康保険課(電話:04-2998-9131)へお問い合わせください。

<受診期限>
平成30年度の受診期限は平成31年3月31日の予定です。

<内容>
基本的な健診
(問診、身長・体重・腹囲の測定、血圧測定、血液検査、尿検査、肝機能検査)
及び
詳細な健診
(貧血、心電図、眼底検査で医師が必要と判断した検査)です。
詳細な健診の対象となる方には受診券裏面に該当者である旨を記載しておりますので、ご確認ください。
追加項目(希望制)として胸部エックス線検査があります。
追加自己負担200円が必要となります。

なお、より詳しい健診を希望される場合は、市民医療センターにて実施の人間ドックの受診をお勧めします。所沢市国保加入中の方で、保険税の滞納がない35歳以上の方には、人間ドック助成制度がありますので、是非ご利用ください。
助成は年度内で特定健診か人間ドックどちらか一回のみです。
また、保健センターにおきましても各種がん検診を行なっておりますので、こちらもどうぞご利用ください。

注意点

  • 大腸がん検診及び前立腺がん検診の健診との同時実施を希望される場合は、2月末までにご受診ください。
  • 助成を利用しての特定健診と所沢市国民健康保険人間ドックの重複受診はできません。年度内、どちらか1回のみです。
  • 受診券をお持ちであっても、会社の健康保険に加入されたり、他自治体への転出等で所沢市国民健康保険の資格を喪失された方については、受診いただけません
  • 受診券を紛失した場合は、所沢市国民健康保険課までご連絡ください。

判定

健診結果については、受診の1週間後以降に、受診医療機関にて、直接医師から受け取ります。血糖値、中性脂肪やコレステロール値、血圧、喫煙の有無などによって5段階に分けて、該当者・予備群が判定されます。
A:異常なし
B:要指導(生活習慣の改善が必要だが、医療不用)
C:要精査(再検査、精密検査、経過観察が必要)
D:要医療(治療が必要)
E:治療継続
この際、医師から情報提供(生活習慣病についての理解を深め、自らの生活習慣を見直すきっかけとなる情報)を受けることができます。

特定保健指導

健診結果の数値による診断基準によって「動機づけ支援」・「積極的支援」と判定された方には、国民健康保険課から「特定保健指導のご案内」をお送りいたします。送付時期は受診からおよそ2~3ヶ月後になります。利用券が送付された場合、所沢市保健センター健康づくり支援課にて、医師・保健師・管理栄養士などの専門家による生活習慣改善のための保健指導を受けることができます。おひとりおひとりのライフスタイルに合わせて、健康づくりのサポートをいたしますので、是非ご活用ください。

【動機づけ支援】
自分の生活習慣の改善点や実践していく行動などに気づき、自ら目標を設定し、行動に移すことが出来るように支援します。
【積極的支援】
生活習慣改善に向けて取り組むべき目標や実践が可能な行動目標を自分で選択し、継続的に実行できるように支援します。

いつまでも健康でいるために、1年に1回は必ず健診を受け、自分の生活習慣を見直してみましょう。

内臓脂肪症候群とは?

内臓脂肪の過剰な蓄積に加え、高血圧・高血糖・脂質異常といった危険因子のうち2つ以上をあわせ持った状態をいいます。たとえ一つひとつの危険因子の程度が軽くても、こうした状態を放置しておくと、動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病の重症化につながることがわかっています。

特定健診と特定保健指導の対象者は?

40歳から74歳までの、すべての方が対象者となります。ただし、当該年度に人間ドックを受診された方、妊産婦その他厚生労働大臣が定める方は、特定健診の対象外となります。また、糖尿病等生活習慣病の治療中の方は特定保健指導の対象外となります。
所沢市では、国民健康保険に加入している方を対象に実施します。

所沢市国民健康保険に加入していない人はどうなるの?

所沢市国民健康保険に加入していない方は、加入医療保険者にて実施の特定健診を受診することになります。また、所沢市国民健康保険資格喪失後も、新たに加入した医療保険者実施の特定健診をご受診ください。受診方法につきましては、加入されている各医療保険者にお問い合せください。
30歳から39歳までの方は平成23年度より「30歳代健診」をご用意しております。
75歳以上の方は、後期高齢者医療広域連合が主体となる、特定健診と同様の健康診査を受診することができます。

埼玉県けんこう大使にトコろんが任命されたよ!

みんなに健診のことを知ってもらうために、けんこう大使トコろんが活躍中です。
活動の様子はトコろんをクリック!

けんこう大使トコろん

東日本大震災で所沢市に避難している住民の皆様~ご案内~

医療機関の窓口等での一部負担金などの取り扱いは
ご加入中の健康保険組合によって異なりますので、
各健康保険組合もしくは下記各県HPをご確認ください。

福島県の一部の市町村
宮城県の一部の市町村
岩手県の一部の市町村

詳しくは各県HPをご覧ください。

特定健康診査等実施計画

特定健康診査・特定保健指導は、高齢者の医療の確保に関する法律第19条及び国の定める特定健康診査等基本指針に基づき策定された「特定健康診査等実施計画」により実施しています。

平成20年度の制度開始から平成24年度までを「第1期」、平成25年度か平成29年度までを「第2期」、そしてこのたび、平成30年度から平成35年度までの6ヵ年を計画期間とする「第3期」の計画を策定しました。

特定健康診査・特定保健指導の実施は、被保険者の生活習慣の改善を促し、生活習慣病の予防を目的としています。計画では、より多くの方に受診いただくために、現状と課題を洗い出すとともに、受診率の目標値を設定しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 健康推進部 国民健康保険課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 低層棟1階
電話:04-2998-9131
FAX:04-2998-9061

a9131@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る