根古屋城跡

更新日:2019年3月7日

 山口地区の勝楽寺にある城跡で、狭山丘陵の尾根の先端に築かれ、特に南側からの攻勢に対処する構造になっています。「根古(小)屋」は城下の集落を指し、城は有事の際に立てこもる要害となりました。城跡は、東西220メートル、南北220メートル、面積48400平方メートルの多郭式山城です。
 室町時代に山口氏によって築造された本郭と二の郭が中核となり、戦国時代に北条氏によって東郭と出郭が設けられるとともに、堀を深くするなど、城として整備されていったようです。
 郭・土塁・空堀などの遺構が、ほぼ完全な姿で保存されている稀少な城跡ですが、山口貯水池(狭山湖)区域内に属し、東京都水道局管理のため見学はできません。
【指定年月日】昭和17年3月31日
注釈:こちらの文化財所在地については、都合により記載しておりません。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9253
FAX:04-2998-9128

a9253@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで