八幡神社本殿 付 棟札一枚

更新日:2019年3月7日

 八幡神社の本殿は、正面1間の一間社流造で、覆殿おおいでんの中にあります。
 向拝ごはい部のみに床を付けた見世棚造みせだなづくりと呼ばれる、室町時代に民衆が祀った小規模な社殿様式を伝えています。
 慶長13年(1608年)の棟札が残されていますが、これは屋根材を利用してあり、屋根を修理したときのものと思われます。創建はより古く、建築技法などから室町時代の建築と思われます。
【指定年月日】昭和43年3月29日
注釈:こちらの文化財所在地については、都合により記載しておりません。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9253
FAX:04-2998-9128

a9253@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで