令和3年度「所沢市スマートハウス化推進補助金」のご案内【事業者用】【給付金受給事業者用】

更新日:2021年4月8日


再生可能エネルギーの導入と省エネルギーの推進を図るため、市内で太陽光発電システムの導入や、事業用機器の省エネ性能が高いものへの買い換えを実施する個人または法人に対して、その導入、買い換えに係る経費の一部を補助します。
【事業者用】と【給付金受給事業者用】でそれぞれ申請のタイミングが異なります。ご注意ください。
補助金の交付を受けることができるのは、同一年度内において、1回限りです。

1.事業者用

(1)補助対象者

次の要件を全て満たす者

  1. 自らが事業を営み又は活動する市内の事業所等に、補助対象事業を実施する個人又は法人
  2. 埼玉県地球温暖化対策推進条例第12条(外部サイト)の適用を受けない者
  3. 補助金の申請時及び実績報告時に市税の滞納がない者
  4. 個人にあっては、実績報告時に本市の住民基本台帳に記録されている者
  5. 同一の事業について、市のその他の補助金の交付を受けていない者

(2)申請受付期間と申請のタイミング

事業者用申請期間

午前8時30分から午後5時15分(土曜、日曜、祝休日、年末年始を除く)。
必要書類を持参のうえ、市役所5階マチごとエコタウン推進課へ直接申請してください。
先着順で受付します。
補助金の申請額が予算額に達し次第、受け付けを終了します。
工事完了後、令和4年3月25日(金曜)までに必要書類を添付して実績報告書兼請求書を提出できる方が対象となります。

(3)補助対象項目の申請書一式

補助対象事業の経費の合計が100万円以上(税抜)となる事業が補助対象となります。
それぞれの補助対象項目をクリックすると、「対象要件の詳細」と「申請書一式」をダウンロードできます。

  補助対象項目 補助要件(詳しくは詳細をご覧ください) 補助金額(上限額)
1 余剰売電型太陽光発電システム(EMSまたは蓄電池を同時に設置するもの)(ワード:80KB) ・中古品または自作品でないもの
・性能の保証、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されているもの
・EMSについては、エネルギー使用量を個別に計測・蓄積し、「見える化」が図られているもの
                          他
補助対象経費の10分の1
(200万円)
余剰売電型太陽光発電システム(EMSまたは蓄電池を同時に設置するもの)(PDF:1,612KB)
2 自家消費型太陽光発電システム(EMSまたは蓄電池を同時に設置するもの)(ワード:80KB) ・中古品または自作品でないもの
・性能の保証、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されているもの
・EMSについては、エネルギー使用量を個別に計測・蓄積し、「見える化」が図られているもの
                          他
補助対象経費の5分の1
(200万円)
自家消費型太陽光発電システム(EMSまたは蓄電池を同時に設置するもの)(PDF:1,604KB)
3 営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)(ワード:82KB) ・ 中古品又は自作品でないもの
・ 性能の保証、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されているものであること。
・ 継続可能で収益が見込める営農計画を立てていること。
・ 支柱部分について、農地の一時転用許可を受けていること。
・ 発電事業が継続できなくなった場合の撤去費用や農地の原形復旧、損害等の取扱は明確であること。
                           他   
補助対象経費の5分の1
(200万円)
営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)(PDF:1,635KB)

(4)補助金が振り込まれるまでの流れ

(5)様式記入例

(6)申請の変更・中止の場合

補助金の交付決定を受けた後に、事業内容を変更または廃止する場合は、下記ファイルの様式を工事着工前に速やかにご提出ください。

様式 詳細
1 様式第8号(ワード:32KB) 変更申請書

交付申請書の提出後、事業内容の
変更が生じた場合に提出する様式です。
様式第8号(PDF:94KB)
2 様式第10号(ワード:30KB) 廃止等届出書

交付申請書の提出後、事業の中止や
廃止がある場合に提出する様式です。
様式第10号(PDF:82KB)

2.給付金受給事業者

(1)補助対象者

次の要件を全て満たす者

  1. 自らが事業を営み又は活動する市内の事業所等に、補助対象事業を実施する個人又は法人
  2. 埼玉県地球温暖化対策推進条例第12条(外部サイト)の適用を受けない者
  3. 補助金の申請時及び実績報告時に市税の滞納がない者
  4. 個人にあっては、実績報告時に本市の住民基本台帳に記録されている者
  5. 市内に本店または支店を有する事業者で、持続化給付金または小規模事業者等臨時給付金を受けた者

上記の事業者を賃借人とするビルのオーナーも対象となります。

(2)申請期間と申請のタイミング

事業者用申請期間

午前8時30分から午後5時15分(土曜、日曜、祝休日、年末年始を除く)。
必要書類を持参のうえ、市役所5階マチごとエコタウン推進課へ直接申請してください。
先着順で受付します。
補助金の申請額が予算額に達し次第、受け付けを終了します。

(3)補助対象項目一覧

補助対象項目名をクリックすると、対象要件などの詳細と「申請書一式」をダウンロードできます。

  補助対象項目 補助要件(詳しくは詳細をご覧ください) 補助金額(上限額)
1 事業用機器の買い換え(ワード:65KB) ・持続化給付金(国が実施)または小規模事業者等臨時給付金(所沢市が実施)の受給事業者※前述の事業者を賃借人とする建物のオーナーも申請可能
・従前に使用していた機器と比較して、エネルギー使用量を10%以上削減する省エネ機器を導入するもの
・中古品または自作品でないもの
                          他
補助対象経費の3分の1
(50万円)
事業用機器の買い換え(PDF:1,478KB)

既存機器とのエネルギー使用量について比較を行うための計算シートです。
補助対象事業の実施効果が分かる書類を作成する際にご活用ください。


マートハウス化推進補助金を申請後、同一の機器について、市の産業経済部で実施している新型コロナウイルス感染症対策に関する補助金の要件を満たしているときは、そちらの補助金もあわせて申請することができる場合があります。要件を満たしているかは、商業観光課2998‐9155または産業振興課2998-9157にお問い合わせください。
なお、産業経済部の補助金のご申請をお考えの方は、必ずスマートハウス化推進補助金の交付決定がなされた後にご申請ください。
先に産業経済部の補助金にご申請された場合は、スマートハウス化推進補助金をご申請いただけないことや、既に支給された産業経済部の補助金の一部をご返還いただくことがあります。
詳しくはお問合せください。

商業観光課が実施する新型コロナウイルス感染症の影響を受けた小規模事業者への支援事業です。

産業振興課が実施する国の小規模事業者持続化補助金の補助費用を上乗せする事業です。

(4)補助金が振り込まれるまでの流れ

(5)申請書(様式)記入例

パンフレット・リーフレット

詳細は、こちらをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 環境クリーン部 マチごとエコタウン推進課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9133
FAX:04-2998-9394

a9133@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで