このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

「雑がみ」の回収にご協力ください

更新日:2017年8月17日

「雑がみ」とは、「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」以外の紙製品のことです。
所沢市の「燃やせるごみ」の中には、この「雑がみ」が約13%も含まれています。お菓子などの紙箱・包装紙・封筒等も大切な資源です。「雑がみ」の分別を徹底して資源として出すことは、「燃やせるごみ」の減少に大きな効果があります。皆様のご協力をお願いいたします。

「雑がみ」の出し方は

「雑がみ」は、紙袋に入れ、ひもでしばって「新聞・雑誌・雑がみ・段ボール」の日にお出しください(地区によって収集日は異なりますので、収集日程表をご覧ください)。
また、雑誌にはさんで、ひもでしばって出していただくこともできます。
紙袋や雑誌がない場合は、「雑がみ」だけをひもでしばってお出しいただくこともできます。

ご家庭で使われているごみ箱の隣に、「雑がみ」を入れる紙袋を置くと分別しやすく便利です。


※使用する紙袋から、紙以外の付属品(プラスチック製の取っ手等)は取りのぞいてください。取りのぞいたものは素材によって「燃やせるごみ」「破砕ごみ類」にお出しください。
※細かい切れ端等は、不用な封筒などに入れてまとめると散らばりません。紙以外のものは入れないでください。

「雑がみ」として出せるものは

主なもの
食品等の紙箱 包装紙 はがき 封筒(窓は取る)
紙袋 メモ用紙 トイレットペーパーの芯 洋服のタグ・値札
パンフレット チラシ 学校等からのプリント 名刺
ワイシャツ等の台紙 ティッシュペーパーの箱
(フィルムを取る)
カレンダー
(金具は取る)
紙製のファイル
(金具は取る)

「雑がみ」として出せないものは

以下のものは、特赦な加工が施されている、あるいは使用されている素材の関係から、「雑がみ」として出すことができません。「燃やせるごみ」へ出してください。

主なもの
アイスクリーム・ヨーグルトの紙容器 防水加工されているため
紙皿・紙コップ 防水加工されているため
ビールのマルチパック 防水加工されているため
せっけん・洗剤の箱 匂いがついているため
線香の箱 匂いがついているため
詰め物用の紙(靴やカバンに使用されているもの) 特殊なインクを使っているため
圧着はがき 粘着物が全体に付着しているため
シール・シールの台紙 粘着物が全体に付着しているため
複写伝票 特殊加工されているため
点字用紙(感熱性発泡紙) 特殊加工されているため
カーボン紙・ノーカーボン紙 特殊加工されているため
写真・写真プリント用紙 特殊加工されているため
ピザ・ケーキ・ドーナツの箱 汚れているため            

カバンや靴の詰め物は燃やせるごみへ

カバンや靴の詰め物(緩衝材)には、昇華性インクで印刷された使用済み昇華転写紙が使用されているものがあります。
このような昇華転写紙が古紙に混入すると、製品(白板紙)になったときにインクが斑点として現れてしまうため、A4サイズ1枚の混入で約100トンもの製品が無駄になると言われています。
詰め物が昇華転写紙かどうかは判別しにくいため、燃やせるごみへ出していただきますようお願いします。

雑がみ分別表

「雑がみ」として、出せるもの・出せないものを一覧にまとめましたので、ご利用ください。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

所沢市 環境クリーン部 資源循環推進課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
電話:04-2998-9146
FAX:04-2998-9394

a9146@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

リサイクル・資源化

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る