長久寺廻国供養塔

更新日:2017年6月20日

 廻国供養塔かいこくくようとうは、総高160センチメートルあり、平塚宗順夫妻の和歌などが刻まれた塔身の上に、連台にのった薬師如来坐像が置かれています。
 建立者の平塚宗順は、江戸時代中頃に久米村(現在の所沢市久米)に生まれ、後に江戸へ出て小児婦人科医師を開業します。後年、日本廻国行者となって、国中の神社仏閣を参詣し、その記念として、安永3年(1774年)この供養塔を建立しました。
 所沢市における数少ない廻国供養塔かいこくくようとうとして貴重です。
【指定年月日】平成8年9月5日
【所在地】所沢市久米411番地(長久寺)

長久寺のご案内

所在地

所沢市久米411番地

交通アクセス

西武池袋線/新宿線「所沢駅」西口下車 徒歩約15分
市内循環「ところバス」南路線(吾妻循環コース/山口循環コース)「勢揃橋北」下車すぐ

お問い合わせ

所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9253
FAX:04-2998-9128

a9253@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで