このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設あんない
  • 市政を身近に
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年11月号 三遊亭 究斗さん(ミュージカル落語家)

更新日:2017年11月1日

プロフィール

三遊亭さんゆうてい 究斗きゅうとさん

日吉町在住。唯一の所沢市在住の落語家。香川県出身。
ミュージカル俳優から落語家に転身し、春風亭小朝しゅんぷうていこあさ三遊亭円丈さんゆうていえんじょうに師事。
世界初のミュージカル落語を発案し、30を超える作品を創作。長い作品だと2時間歌う。
全国を飛び回り、年間100本以上の公演をこなす。

世界で一人の”キュート”なミュージカル落語家

「イチゴ大福のようなものです。最初は驚く組み合わせだけど、食べてみればおいしい」。ピアノなどの伴奏に合わせて歌い上げる「ミュージカル落語」を絶妙に例えるのは、三遊亭究斗さんゆうていきゅうとさんだ。
波瀾万丈の人生と言っていいだろう。漫画の主人公に憧れ、10代でボクサーのプロライセンスを取得するも挫折を味わう。悩める究斗青年は「大きな芸能団体に入れば成功する。劇団四季が良い」という占いを信じ、受験。1年がかりで入団し、ミュージカル俳優として全国を回った。約10年が過ぎ、「もっとしゃべりたい」「もっとおもしろいことをしたい」と可能性を求めて落語・歌舞伎・狂言などを調査。「笑い」の要素と、占い師の「今すぐ落語家になれ」という後押しが決め手となり、当時としては異例の遅さ(34歳)で落語界に入門。40歳でミュージカル落語を創始し、51歳で真打ちとなった。
占いに大きく影響されていることを、「良いことは素直に信じちゃう性格だから」とおどけるが、決して他人に流されているわけではない。激動の人生は、常に自分と対話し、本当にやりたいことを追求してきた結果だ。「本当にやりたいことは、何かを捨ててでもやるものです。捨てられないなら、それは本当にやりたいことじゃない」。

「不思議なもので、全てが一つの道につながっているんですよ」と笑う。専門学校で覚えたシナリオ作成のノウハウ、劇団四季で培った役作りと歌唱力、落語界の2人の師匠から学んだ古典と革新…導かれるように究斗さんはミュージカル落語に行き着いた。歌と笑いがバランス良く練り込まれた、究斗さんにしかできない落語だ。
ミュージカル落語は進化を続け、教育と娯楽が融合した“エデュテイメント”作品「一口弁当」が生まれた。いじめ撲滅がテーマで、学校からの公演依頼がひっきりなしだ。小学5年生のときにいじめに遭った経験が作品の背景にあるが、それを笑いに変えるのが究斗流。「言葉だけでは心を動かせない。笑いの中で大切なことを学んで欲しいんです」。公演は体力的にもハードだが、子どもたちから届く「勇気がわいた」「元気をもらった」という声がエネルギーになる。
「世界にいじめ撲滅のメッセージを伝えたい。だから国連でミュージカル落語をするのが夢なんです。一度きりの人生、やらなきゃ損ですから」。「笑い」を武器に、究斗さんのチャレンジは続く。
(取材:鹿島)

所沢の公演情報

並木まちづくりセンター(所沢市並木8丁目3番地)

平成29年11月25日(土曜)午後1時30分開場、午後2時開演

費用

1,000円(チケット制)
中学生以下は500円

申し込み・問い合わせ

並木まちづくりセンターに直接
電話:04-2998‐5911
西武所沢店(平成29年11月14日(火曜))、たつみそば(平成29年11月20日(月曜))なども開催予定。
詳細は三遊亭究斗さんゆうていきゅうとホームページをご覧ください。

リンク先の内容は、所沢市が保証するものではありません。

お問い合わせ

所沢市 経営企画部 広報課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟3階
電話:04-2998-9024
FAX:04-2994-0706

a9024@city.tokorozawa.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

はつらつところっこ(広報ところざわ人物紹介コーナー)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

所沢市役所

〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:04-2998-1111(代表)市役所へのアクセス各課の連絡先と業務

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)開庁時間以外の窓口

Copyright © Tokorozawa City,All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る